コラム

怖い話:『誰かに呼ばれた』

夏に大学の合宿で、長野の温泉地に行った時のこと。

宿に着くと早速、全員で近くの川沿いの散策に出かけた。

土手に立ち止まって、せせらぎを眺めていると、ひとりフラフラと、集団から離れるやつがいた。

近くに石橋があったので、橋の上から川面を覗こうというのだろう。

誰も特に気にする者はいない。

そいつはしばらく橋の上から川面を見下ろしていたかと思うと、突然、ふらっと振り向き、車道を渡って、反対側へ行こうとした。

丁度そこに、トラックが通りがかっていて、あやうく轢かれる寸前だった。

それはまるで、昔のドラマの有名なシーン「僕は死にませーん」のよう。

みんなびっくりして駆けつけると、そいつは「誰だよ、俺を呼んだのは?」と。

全員が「??」となっていると・・・

道路の反対側から「こっちこいよ」と呼ぶ声がしたと言うのだ。

 

 

百百太郎

関連記事

  1. 美しいは怖い
  2. 頭が回らない時
  3. 映画『ガンジー』をご紹介
  4. 信じられない。創作的な意味で。
  5. 変化を楽しもう
  6. 菅野仁『友だち幻想  人と人の〈つながり〉を考える』ちくまプリマ…
  7. 怖い話『おまえだけ』
  8. 目が覚めれば
PAGE TOP