健康

糖尿病の本当の恐ろしさ

 

今回は、2型糖尿病についてお話します。

 

糖尿病になると、最初は、あまり自覚症状がなくて、進行していきます。

 

症状が出始めると、かなり悪くなっていると考えられます。

 

喉がよく渇くようになり、身体も疲れやすくなってきます。

 

尿の回数も増えます。

 

体重も減ります。

 

治療には、まず食事療法運動療法が基本ですが、症状が重い場合は、薬を服用することもあります。

 

又、インスリンなどの注射を使う場合もあります。

 

血糖値を良い値に保つ事が治療の基本で、

 

血糖値を下げることが必要ですが、低血糖にも注意が必要です。

 

血糖値が高いままでいると、合併症を引き起こします。

 

なので、血糖値コントロールが必要で、持続していく事が重要です。

 

「治す」よりも「コントロールする」病気なので、

 

無理なく、食事療法と運動を続けていく事が大事になります。

 

禁煙は必須です。

 

よほどひどくないと症状が出ないので、定期的にいろいろと検査をしておきましょう。

 

適切な糖尿病の治療を行っていれば、生命をおびやかす急性合併症は、めったに起こりません。

 

しかし、

血糖値が、何年もの間高く治療されないままでいると、血管が傷ついて、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、糖尿病の慢性合併症がおきてしまいます。

 

それを阻止するためにも、早期発見が大事になってきますので、定期健診を受けておきましょう。

 

自身の健康には十分気を遣っていきましょう。

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F2143%2F2178359946_db2f09f4a4_c.jpg&s=f8ae407676ee4294a16e7f07280a877c

関連記事

  1. オートファジーシステム(16時間断食)が注目されている
  2. 日本の野菜、果物には大量の農薬が使用されている
  3. アレルギーの患者が増加している.
  4. コロナウイルスは、人から犬へ伝染するのか?
  5. 精神安定剤の服薬をやめよう
  6. コロナウイルスが世界に広がりつつある
  7. 体に良い油って一体?
  8. 狂犬病で年間55000人が死んでいる
PAGE TOP