福祉・医療

支援員の支援適性をしっかりと見極めよう

 

支援と接するにあたって、支援適性を見極めることが重要です。どうしてなのかという理由を、下記に記していきます。

 

 プラスになる場面、マイナスになる場面が起こりうる

 

支援員はいわれたことをする能力については、普段から身に着けています。書類を作成する能力については、利用者を上回っていることが多いです。履歴書作成、職務経歴書作成などにおいては、プラスに働くことも多いでしょう。

 

障碍年金、生活保護を受けるときも有用となります。お金に困っているときは、支援者を頼ってみるとよいでしょう。

 

支援員では、答えをわからない状況であっても、人を良い方向に導く能力も必要です。思考力のない支援員では、人を良い方向に導くのは難しいです。

 

90パーセントの確率で、悪い方向に導く支援員がいるとします。被害を受ける→意味のない反省会→被害を受ける→意味のない反省会→被害を受けるという、無限ループを繰り返すことになるでしょう。1~2度目で被害を受けた場合、支援者を切ってしまった方が無難です。再起不能になる前に、会うのをやめましょう。

 

障碍者の力になれる、支援員もいると思います。そのような人と出会ったら、積極的に話をするようにしましょう。

 

 最後に

 

明らかに支援能力のない支援員もいます。そのような人と出会った場合については、すぐに手を切るようにしましょう。被害を拡大させてからでは、手遅れとなります。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2134856356/7d42de5489/

関連記事

  1. 西武が本拠地開催の試合で障碍者割引を行う(当日限定)
  2. 依存症への精神科医の拒否感は強い
  3. 障碍者は支援者などに対して主に2つの評価を出す
  4. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  5. 精神科の選び方
  6. 2021年4月から病院で感染症対策実施加算金がかかる
  7. 利用者と支援者の距離感【障碍者編】
  8. 発達障碍者向け恋愛サイトがある
PAGE TOP