プロジェクト

尼崎の『なにわの梅伝説』を紹介します

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/16664385977/f2f5351471/

 

 歴史発掘も兼ねて、「なにわのうめ伝説」を深堀りしてみました。

 

 なにわの梅伝説とは、

昔『難波の里(今の東難波町・西難波町』に香り高い梅の木があり、『仁徳天皇』はこの梅の木を特に好まれたので村人は毎年梅の花を献上してきました。あるとき天皇は勅令をもって都に移したところ梅の木は都では難波の里の方角の枝だけ花をつけたが、他の枝は花をつけなかったので、再び勅令によって梅の木を元の難波の里に返すと梅の木は再び香り高い花を沢山つけるようになった。

という伝説のことです。

 

なにわの梅伝説ゆかりの地、東難波町3丁目6-15に鎮座する『難波(なにわ)八幡神社』には尼崎藩3代目藩主で「談林七世谷素外」に師事し、俳名を亀文(きぶん)とした松平忠告(ただつぐ)が詠んだ、

 

『雪と見て又豊年か村の梅』

 

の句碑が設置されています。

 

では、実際の石碑をご覧ください。

https://www.artm.pref.hyogo.jp/bungaku/map/detail/m108-2/

尼崎市東難波町3丁目 難波八幡神社境内 | 兵庫文学碑マップ| ネットミュージアム兵庫文学館 : 兵庫県立美術館

 

松平忠告の尼崎藩江戸下屋敷の敷地の中に、松尾芭蕉の住んだ『芭蕉庵』があり、松平忠告はそれをしのぶ碑を建て顕彰に努めた大名俳人でした。

 

難波八幡神社は梅の名所で、松平忠告の句碑以外にも「なにわの梅関連の石碑」が設置されています。

 


 

関連記事

 

関連記事

  1. 『あまうめ城っぷ』:PR-FREEにてリリースが紹介されました
  2. あまがさき観光案内所にてあまうめ城っぷ再入荷です!!
  3. 世界の歴史上人物 第2回目 ― ダイアナ妃
  4. 神戸新聞に「あまうめ城っぷ」の記事が掲載されました!
  5. 8/2付け尼崎市プレスリリースで「あまうめ城っぷ」が紹介されまし…
  6. 【尼崎の歴史発掘】大正浪漫の面影を今なお残す『旧尼崎警察署』紹介…
  7. 尼崎探索:遊女塚リポート
  8. 8/26付け、毎日新聞【地方版(阪神)】に『あまうめ城っぷ』の取…

おすすめ記事

つむぎ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、働く機会を提供するとともに、知識及び能力…

外出自粛の中におけるストレス解消法

 コロナウイルスによって外出自粛要請がかけられています。室内に閉じこもることによりコ…

かえで作業所 

障害者総合支援法等関係法令の理念に則り、利用者の自立と社会継続活動への参加を促進するために、通所によ…

一度の不運を軽視してはいけない

 運よりも努力を重視する。日本人はそういう考え方をする人が多いです。昔からの根性論者…

ラボラーレ登米

在宅障がい者多機能支援施設ラボラーレ登米は、関係法令を遵守するとともに『法人経営の基本方針』に基づき…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP