サスペンス・ホラー

怖い話『怖いおっちゃんおる!』

 

友人宅で起きた話。

夜、幼子を寝かしつけていました。

ようやく寝入ったと思っていたら、しばらくして目を覚まし、

 

「隣に怖いおっちゃんおる!」

 

と騒ぎます。

悪い夢でも見たのだろうと、

 

「早よ寝―や、その怖いおっちゃんこっちくるで」

 

と言って、寝かし付けました。

翌日になって、お隣に泥棒が入ったことを知りました。

その夜、お隣さんは親戚の家にお泊りに行って、家を空けていたそうです。

数年後、ふとそのことを思い出し、なぜ隣に泥棒が入ったことを知ったのか訊ねましたが、本人は全く覚えていなかったそうです。

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://farm1.static.flickr.com/580/33264027802_3878f93308_c.jpg

関連記事

  1. 怖い話『公園のベンチで寝ていると』
  2. 怖い話『とめたらアカン』
  3. 怖い話『手伝ってくれた人』
  4. 怖い話『物が無くなる部屋』
  5. 怖い話『水の中へおいで』
  6. ショートショート『子供の恐怖』
  7. 怖い話『壁の黒いしみ』
  8. 創作『空の上からの悪戯』

おすすめ記事

生活支援センター ぷらねっと

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつきめの細かな就労移行支援事業サービスを提供する…

はたらき

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

lykkeアカデミー

人間としてふさわしい生き方

「忘恩は人間があえて犯すことのできる最大の犯罪である」(出典:ホセ・ルイス・サル…

のぞみの星

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP