詩・ポエム

詩:『道を究める』

 

どんな道でもそうだと思いますが、

 

道は、究めても究めても尽きないものです。

 

奥が深いです。

 

だからこそ極めがいがあるのだと思います。

 

上を目指せばきりがないけれども、

 

常に向上していきたいものです。

 

一歩一歩着実にその道を登っていきたい。

 

「継続こそ力なり」と言います。

 

一つ一つクリアして上達するしかないので、

折れることなく精進していきたい。

 

成長する事に、

 

喜びを感じて、

 

前を向いて。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F65535%2F50357321438_937ff279c0_c.jpg&s=2cc94961e6b523142064098f347dbbe1

関連記事

  1. 『嬉しさの裏側』
  2. 『闇の中に居る人』―どうやったら助けてあげられる?-
  3. 『昔に戻りたい?』―未来を想像してみようー
  4. 『音のない世界』―音がある世界ってどんな感じ?―
  5. 『ひとこと』―ちょっとした一言に救われる―
  6. 『おやすみ……』
  7. 『今は…』―ほんの一瞬の出来事から学べる―
  8. 詩:『理想を捨てて生きる』

おすすめ記事

ライフサポートセンターゆめ

就労支援センターひゅーまにあ名古屋今池

あたご相談センター 

従業者は、利用者等が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、配慮して行うものとする。利用…

さわやか

利用者が有する能力及び適正に応じて、自立した日常生活及び社会生活が実現できるようサービスの提供に努め…

Scopo

1.一人ひとりの障害特性や状況を十分に把握した上で、当事者の意思と行動力を 尊重し、要望に沿った的確…

新着記事

PAGE TOP