サスペンス・ホラー

怖い話『壁の黒いしみ』

 

はじめは気にもとめなかった。

 

蜘蛛かなにかの虫が部屋の壁に張りついていると思ったら、単なるしみだった。

なんだろうと思うこともなく、その黒いしみを放っておいた。

 

それから数日がたち、ある朝なにか気がかりな夢から目が覚めた。

まもなく全身がけだるくあちこちに痛みが走った。

 

ふと壁を見やると、例の黒いしみが大きくなっている。

いやな予感がした。

 

それからというもの身体の不調が日増しに悪くなってゆく。

それとともに壁のしみも徐々に大きくなっていった。

しみの形はスリランカに酷似している。

試しに測ってみたら、全長32ミリメートルであった。

 

体中の痛みが酷くなり、方々の病院を受診したが、結果はなしのつぶてだった。

原因不明の病とされたのだ。

 

原因はわたしには分かっていた。あの壁の黒いしみだ。

 

アルコール除菌やカビ取り剤など様々なもので消そうとしたが、ダメだった。

いったいこの黒いしみは何なのか。

 

ついにほとんど身体を動かせないほどまでになってしまい、仕事を辞めざるを得なく

なった。

わたしは身寄りのない独身者だ。知り合いもおらず、だれも見舞いに来るものなどいない。

 

ラジオが流れていた。ラジオを聴くことがわたしの楽しみだからだ。

薄れゆく意識のなかで、ぼんやりとラジオから流れてくるニュースが耳に入ってきた。

・・・スリランカ大統領が逃亡し、国が破産宣言を行いました。・・・

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/51809437705/2a186bde4b/

 

 

 

関連記事

  1. 怖い話『夜のジョギング』
  2. 怖い話『小さな靴下』
  3. 怖い話『下宿』
  4. 怖い話『エレベーターの先客』
  5. 怖い話『プールの更衣室での出来事』
  6. 怖い話『電話が鳴った』
  7. 怖い話『飛んでいるもの』
  8. 怖い話『待っている人』

おすすめ記事

ロータスアート

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供し、生産活動等の機会を通…

障がい者相談支援センター ぴありす

第1波の家

にいたかの里

ミラトレ上野

利用者の意思および人格を尊重し、常にその立場にたって支援を提供する。 通常の事業所での就労の継続を図…

新着記事

PAGE TOP