詩・ポエム

詩:『ほんとうのことは』

 

幸せのもとは転がっている

 

そこらじゅうに転がっている

 

ありふれたもの

 

ただ気づかないだけ

 

意識がくもっているから

 

草花をめでるだけでも

 

いとおしく感じるものだ

 

切腹した例の作家は

 

植物の名を答えられなかった

 

膨大な知識を誇り遠大な思想を

 

持っていたというのに

 

そんなものは

 

いざというときには

 

役に立ちやしない

 

ほんとうのことは

 

身近な細部にこそ宿っている

 

心地よい風の音を聴く

 

それだけで

 

生まれてきたかいがある

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/47614497952/20a9cf4606/

 

関連記事

  1. 『波があって当然!』―人生山あり谷あり―
  2. 詩:『常に勉強』
  3. 『境界線』-日常に思ってしまうー
  4. 『言って…』
  5. 『報われる瞬間…』―耐えてきてよかったと心が安心する瞬間―
  6. 『こんな世界になるなんて…』―自由にできない世界―
  7. 『認めて…』
  8. 詩:『揺れる』

おすすめ記事

セレクトパートナーズ富士

事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の…

『なんで…』

いつだってそう…悩んでいるのは.あなただけじゃないその一言を言われる度に心に…

ふきのとう作業所 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

株式会社TOMONI

各支援を利用する障害者(以下「利用者」という)が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、…

共働サービス たねや

障害の種別を超え、「働きたい」と願う人の気持ちを繋ぐため活動を続けてきました。 これからも、障害のあ…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP