詩・ポエム

詩:『ほんとうのことは』

 

幸せのもとは転がっている

 

そこらじゅうに転がっている

 

ありふれたもの

 

ただ気づかないだけ

 

意識がくもっているから

 

草花をめでるだけでも

 

いとおしく感じるものだ

 

切腹した例の作家は

 

植物の名を答えられなかった

 

膨大な知識を誇り遠大な思想を

 

持っていたというのに

 

そんなものは

 

いざというときには

 

役に立ちやしない

 

ほんとうのことは

 

身近な細部にこそ宿っている

 

心地よい風の音を聴く

 

それだけで

 

生まれてきたかいがある

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/47614497952/20a9cf4606/

 

関連記事

  1. 『痛み』
  2. 『一気に崩壊…』―崩壊してしまえばもうどうでもよくなる―
  3. 『タンポポ』―空に、羽ばたく瞬間―
  4. 『青春とは』―人それぞれ青春の感じ方は違うー
  5. 『夢』
  6. 『あなたはどっち?』
  7. 『蛍の輝き』―梅雨の時に見る蛍は、一番いい―
  8. 詩:『好きの反対は嫌い』
PAGE TOP