詩・ポエム

詩:『ほんとうのことは』

 

幸せのもとは転がっている

 

そこらじゅうに転がっている

 

ありふれたもの

 

ただ気づかないだけ

 

意識がくもっているから

 

草花をめでるだけでも

 

いとおしく感じるものだ

 

切腹した例の作家は

 

植物の名を答えられなかった

 

膨大な知識を誇り遠大な思想を

 

持っていたというのに

 

そんなものは

 

いざというときには

 

役に立ちやしない

 

ほんとうのことは

 

身近な細部にこそ宿っている

 

心地よい風の音を聴く

 

それだけで

 

生まれてきたかいがある

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/47614497952/20a9cf4606/

 

関連記事

  1. 『何色にしますか?』―キャンバスに色を描こう―
  2. 『新たな…』―進めば進むほどに、新しい人生が開けるー
  3. 『どん底』―這い上がるのは、簡単な事じゃないー
  4. 詩:『好きの反対は嫌い』
  5. 詩:『常に勉強』
  6. 『記憶』―リセットが出来たらどれだけいいだろうー
  7. 『素直に…』
  8. 『直面』―死の反対は、生きるになる―

おすすめ記事

パル・茅渟の里

一般就労を目指す障がいを有する方におおむね2年間の利用契約を結び、施設内外訓錬等を通して就職への支援…

クロス・スピリット

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな就労継続支援B型サービスの提供をい…

オルオル

利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

もみじ園

1.利用者の意思を尊重し、幅広い個性及び障がいの特性に考慮した福祉サービスを職員が一体となって提供す…

社会福祉法人 稲敷市社会福祉協議会指定相談支援事業所

 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者との常時の連絡体制を確保し、…

新着記事

PAGE TOP