サスペンス・ホラー

怖い話『誰かいたはずなのに』

 

高校時代の友人の話。

寄り道した関係で学校からの帰りが遅くなった時のこと。

玄関ドアを開けると廊下の向こうの襖から明かりが漏れていた。

そこからアハハハと笑い声も聞こえてくる。

 

「お笑い番組でも見ているのかな?」

 

と思いトイレに向かった。

トイレから出てくると、丁度、コンビニ弁当を手にした大学生の兄が帰ってきた。

 

「ただいま。お父さん、お母さん今日帰り遅くなるから、先に晩御飯食べてって言ってたぞ」

 

そういいながらコンビニ弁当をかざす。

 

「ん?テレビ見てるみたいだけど。帰ってきてるんじゃないの?」

「ほんとかよ、ついさっき携帯に電話してきたのに」

 

そう話しながら居間に向かうと、そこは誰もいない真っ暗な部屋だった。

気のせいかと思い、テレビの電源を付けるとお笑い番組をやっていたという。

 

友人は言った。

「おかしいんだよ、俺が家を出たのが最後だったんだけど、その時と違うチャンネルになっていたんだよ」

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/51526302583/ded97c7eaa/

 

関連記事

  1. 怖い話『あしあと』
  2. 怖い話『夜中の路線バス』
  3. 怖い話『友達を呼んでいる』
  4. 怖い話『公園のベンチで寝ていると』
  5. 怖い話『砂山』
  6. 怖い話『上に行くよ』
  7. 怖い話『ニュース番組』
  8. 怖い話『石を投げたら』

おすすめ記事

ベルあじさい学園

1 事業者は、就労継続支援B型計画(以下、「個別支援計画」という。)に基づき、利用者の心身の状況等に…

由宇あけぼの園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供するとともに生産活動その他…

マスクをせずに契約を打ち切られた男性が会社を提訴

 アトピー性皮膚炎で勤務中にマスクをしなかったとして、40代のコールセンターの男性社…

障碍者にとって一般枠、障害者枠のどちらであっても厳しい

 障碍者にとっては一般枠、障碍者のどちらであったとしても厳しい立場に立たされる。…

すずかけ労働センター

就労継続支援事業B型は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供…

新着記事

PAGE TOP