サスペンス・ホラー

怖い話『公園のベンチで寝ていると』

 

明け方まで仲間としこたま酒を飲んだ。

帰りにひとり公園のベンチで横になって休んでいると、ザッザッと砂利を踏みしめる音がして、周りが何やら騒がしくなってきた。

 

「朝のラジオ体操の時間か」

 

朝になって周辺の住民が集まってきているのだと思った。

場所を移動しようと、体を起こして周りを見渡すと、何人もの女性、男性が集まって、わたしをニヤニヤ笑いながら見ている。

だが、よく見ると彼らは上半身だけで、下半身が無かった。

 

わたしはその場に再び横になり、この状況をやり過ごすことにした。

やがてラジオ体操が始まった。

早く終わってくれと願うばかりだ。

 

やがてラジオ体操が終わりしばらくたって顔を上げると、まだ周囲は真っ暗のままだった。

わたしは思った。

夢であってくれと。

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/30901199265/ba971e6e6e/

関連記事

  1. 怖い話『おまえの母ちゃん・・・』
  2. 怖い話『煎餅缶事件』
  3. 怖い話『走る男の子』
  4. 怖い話『水浸しの郵便受け』
  5. 怖い話『闇の中のヒモ』
  6. 怖い話『ガラス越しのポスター』
  7. 怖い話『戻ってきたのは誰?』
  8. 怖い話『こぼれる光』

おすすめ記事

障がい者相談支援事業所 うぃず

目的:社会福祉法人浦河向陽会が設置する障がい者相談支援事業所ういずにて行     う障害者自立支援法…

ワークショップ ジョイント

就労継続支援B型契約に基ずいて、利用者の心身の状態に応じて、支援を適切に行うと共に、支援が画一的なも…

光明舎フランク

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して一定の期間にわた…

就労支援センターふくぎ

相談支援事業つなぐ

1.私たちは、利用者主体のより質の高いサービス事業を提供いたします。 2.私たちは、利用者が地域の中…

新着記事

PAGE TOP