サスペンス・ホラー

怖い話『キュクロプスの夜』

 

昨夜も嫌な夢を見た。

ひとつ目の大男が何か棒のようなものを持って追いかけてくる夢だ。

神戸の地下街らしき場所を歩いていたら、ソフトクリームをなめる大男と目が合ってしまったのが運の尽きである。

大男は残りのソフトクリームをペロッとたいらげると、近くに落ちていた棒のようなものを手にしてこちらを睨みつけてくる。

ひとつしかない目が急速に赤みを帯びはじめたかと思うと、次の瞬間、こちらに向かって
ダッシュしてきた。

あわてふためいて、一心不乱に逃げて逃げて逃げる。

いつのまにか地上に出ていて、あたりは波止場になっていた。

逃げ場が無くなった。後ろからは大男が追いかけてくる。

唸り声をあげて大男が覆いかぶさってきたところで、目が覚めた。

汗でぐっしょりだ。
とんでもない悪夢だった。

それから数カ月たった。あの悪夢も完全に忘れ去っていた。

野暮用を終えて夜の神戸の街をふらついていた。
雨が降ってきたので、地下街に逃げ込んだ。

いやに人影のまばらな区域を歩く。コツコツという自分の靴音が高く響く。
靴音が反響して自分以外の靴音がするような気がしてくる。

 

なにかがおかしい。
反響音ではない、他人の靴音がした。しかし誰もいない。

と、後方から人影がながくのびてきた。

わたしは後ろを振り向いた。

ひとつ目の大男が笑っていた。

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/7280261474/dc804f25ee/

関連記事

  1. 怖い話『俺も見えたよ』
  2. 怖い話『階段からくる子』
  3. 怖い話『二階の子供』
  4. 怖い話『小さな靴下』
  5. 怖い話『開けてください』
  6. 怖い話『呼んでるよ』
  7. 怖い話『事故物件での出来事』
  8. 怖い話『死んだのですか?』

おすすめ記事

ウェルビー浜松駅前センター 

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性…

ハウスひなたぼっこ

指定就労継続支援B型の実施にあったっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう…

ワークステージやた

あなたらしく働く・暮らすを支えます。 社会人として働く事が当然の権利・義務と考え、それぞれの個性や適…

『一生前には進めない』―変わりたいと思わなきゃ変われない―

人との関わりを…閉ざしたとき…あなたは……

就労継続支援B型事業所 つむぐ 

新着記事

PAGE TOP