サスペンス・ホラー

怖い話『知らない親戚』

 

9歳の頃、父親に連れられて名古屋の親戚の家へ行った時のこと。

 

わたしにとって初めて会う親戚だ。

事前に父親から、男の子がいるから一緒に遊んでもらいなさいと言われていた。

 

父と親戚のおじさん達が食卓テーブルでお酒を飲みながら、会話を弾ませている中、わたしは隣の居間でひとり退屈していた。

そこにギシギシと階段を下りてくる音がした。

襖が開き、わたしと同じくらいの男の子が顔を出した。

だが、その子はわたしを認めた後、襖を閉めて2階へと戻っていった。

『恥ずかしがり屋さんか』

わたしはその場に大の字になって時間を潰していると、そんなわたしを見たおじさんが2階に向かって

「おーい、○○が暇そうにしとる。遊んでやれ」

と声を掛けた。

ドタドタと階段を駆け下り、襖が開いて姿を見せたのは、大学生ぐらいの大柄な男子だった。

 

帰りに父親に聞いた。

「あの家、もうひとり男の子いるよね?」

 

「いや、一人っ子だよ」

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/50017651406/f17a14f8f1/

 

関連記事

  1. 怖い話『待っている人』
  2. 怖い話『スリッパ』
  3. 怖い話『お母さんについていく子』
  4. 怖い話『今からこない?』
  5. 怖い話『ドラム缶』
  6. 怖い話『釣り人』
  7. 怖い話『死体現場ごっこ』
  8. 怖い話『下宿』

おすすめ記事

相談支援事業所「ブルーム」

福祉サービスの基本理念「完全参加と平等」のもと、利用者さんが地域社会の一員として、自己実現を目指す活…

みすず相談支援事業所

多機能型支援事業所 コラッジョ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して、2年間にわたり、生産…

相談支援センター ふぁみすて

利用者がその有する能力及び適性に応じ、基本的人権を有する個人としての尊厳にふさわしい日常生活または社…

ジョブぷらす渋谷

関係法令を遵守し他の社会社会資源との連携を図り、適正かつきめ細やかな就労継続支援A型のサービスを提供…

新着記事

PAGE TOP