レジャー

【サッカー】日本代表、パラグアイ代表に4-1の快勝!

6月2日、ワールドカップに向けての強化試合、パラグアイ代表との国際親善マッチが行われました。

札幌ドームでの試合は、4-1と日本が圧倒的な勝利をおさめました。

 

代表初招集の伊藤洋輝選手は、前半は左SBを、後半はCBをつとめてアピールしました。

チャンスを見ての駆け上がりからの正確なフィード、左ウイングの三苫薫選手とのコンビネーションも良好で、初めての代表戦ながら一躍存在感を示しました。

 

ヨーロッパリーグを制した鎌田選手は、ゴール前での落ち着きが尋常ではなく、うまく身体を使ったプレーで高いボールキープ力を見せてくれました。

まさに別格の存在といえるでしょう。素晴らしいです。

 

熾烈なポジション争いが繰り広げられている右ウイングでこの日先発した堂安選手は本来的な力を発揮、鎌田選手との連携も良く、第一候補と目される伊東純也選手を脅かすことにも

なりそうです。

 

対戦相手のコンディションがどうなのかといったことも考えられはしますが、南米の国に対して快勝できたのは素晴らしい結果ではないでしょうか。

 

初招集の選手の活躍、様々なコンビネーションの確認ができたことなど、とても収穫の多かった試合だと思いました。

 

6月6日には、ブラジル戦があります。

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/7383472952/4f08c69c6c/

 

関連記事

  1. タクシーの運転手が女性客に怪我をさせたとして逮捕された
  2. 【海外ニュースウォッチ】米アマゾン・ドット・コムの動向【第十二回…
  3. パラリンピックで71歳の選手が出場権を獲得した
  4. 京阪電車に車両ジャック予告(予告日は2021年7月24日)
  5. Pリーガー紹介⑥
  6. 羽生九段はタイトル100期獲得なるか
  7. 京アニ放火事件の背景
  8. 将棋の編入試験の制度が一部変更

おすすめ記事

ドリーム甲子園ドリームショップ1号

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法規則第6条に規定する者に…

ベジファームおおがき 

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提…

共生型就労支援センターみどりの園

施設入所利用者以外に一般就労が難しい地域生活の利用者を対象として、個々の支援を おこないます。また就…

いぶき作業所 

通所工房I-TEM中津(A型)

利用者一人、ひとりに寄り添える支援…

新着記事

PAGE TOP