レジャー

里見女流四冠が棋王戦の本戦トーナメントに進出

 

 里見女流四冠は、棋王戦予選の決勝戦に勝利し、本戦にコマを進めることになりました。

 女流棋士が棋王戦の本戦に進むのは初めてとなります。(アマの棋士は、予選の準決勝が最高である)

 

 本戦の初戦でA級、タイトル所持者とあたることもある

 

 予選を勝ち抜いた棋士は、2回戦からの登場となります。くじ次第ではあるものの、将棋界のレジェンドである羽生九段、現役最強棋士と呼ばれる、藤井聡太五冠と初戦で対戦することもあります。どのような相手と対戦することになるのでしょうか。

 

 2回戦に勝利すれば、3回戦で永瀬王座と対戦する可能性もあります。男性の一流棋士に対して、どこまでの活躍を見せてくれるのでしょうか。

 

 予選突破したことで、編入資格の受験資格を得た

 

 男性棋士との直近成績が、10勝4敗となり、編入試験の資格を得ました。試験に合格すれば、フリークラスの棋士になることができます。

 

 フリークラスの棋士になれば、女性初のプロということになります。

 

 まとめ

 

 近年ではアマ、女性棋士の活躍が目立つようになりました。今後は本戦に出場する機会が、増えていくかもしれません。

 

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220527/k10013646811000.html

©将棋 里見女流四冠 女性初「棋王戦」挑戦者決定トーナメントへ | NHK | 将棋

 

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 相撲界でコロナウイルスが蔓延
  2. 竜王戦のみに出場する二人の棋士
  3. 羽生九段が名人戦のA級から陥落
  4. プロ棋士になるのは難しい
  5. 思い出のあるスキー場の閉鎖
  6. 横綱の二人に注意を決議
  7. 羽生九段が名人戦A級陥落の危機
  8. 中七海さんが女性として3人目の三段リーグ参戦

おすすめ記事

スマイルガーデン

『夢』

どんなに小さな夢も…相手からすれば…ちっぽけ…

ラスター 

【わたしたちが大切にしていること♪】 1.作業を通して『仕事』のやりがい、達成感、仕事の中での居場所…

クオッカ

指定就労継続支援A型の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、専ら障害者…

特定非営利活動法人なごみ 

運営規定 第2条 事業所は、障害者が生活能力向上のために必要な訓練を行い、社会との交流を図ることがで…

新着記事

PAGE TOP