レジャー

十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所の15日間の取組終了後)

 

 2022年5月場所の取組が終わりました。成績と照らし合わせながら、十両、幕下の入れ替え予想をしていきます。

 

 十両から落ちそうなのは4人

 

 松鳳山、千代嵐、大翔丸は大きく負け越しています。番付からしても、十両に残る確率は0といえそうです。

 

 貴健斗については、東14枚目で7勝8敗です。こちらも、幕下に落ちても不思議はありません。

 

 幕下から誰が十両にあがれるのか

 

 東の8枚目で、7勝0敗の王勝馬は1番手となります。来場所は十両で、相撲を取ることになります。

 

 東2枚目の北青鵬は、5勝2敗の好成績です。こちらも十両にあがることになるでしょう。

 

 西幕下筆頭の西川は、4勝3敗と勝ち越しました。西筆頭ということもあり、十両にあがる確率は高いでしょう。

 

 東の3枚目の千代栄は、5勝2敗となっています。成績からして、十両にあがると思われます。十両昇進となれば、31歳で初の関取となります。

 

 北の若、金峰山の入れ替えはなさそう

 

 北の若が勝利を収め、3勝7敗5分けとしました。東の5枚目なので、十両に残れる計算になります。幕下に落ちることはないでしょう。

 

 入れ替え戦とはいっても、十両の上位が幕下と対戦するのは異例です。今後はなかなか、見られる機会はないでしょう。

 

 入れ替えは何人になるのか

 

 番付編成会議は思わっていないものの、4人が十両に昇進すると思われます。貴健斗が番付運に恵まれれば、3人になる可能性は0ではありません。3人であった場合については、西川、千代栄のどちらかは幕下で相撲を取ることにあります。

 

 新十両は明後日に発表されます。そのときを楽しみに待ちましょう。

 

 

文章:陰と陽

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/29541962983/78b1aa1c5f/

 

関連動画

大相撲の十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所)

・十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所の15日間の取組終了後)

 

関連記事

  1. 【サッカー】日本代表、パラグアイ代表に4-1の快勝!
  2. プロ野球で起こった20年ぶりの珍事
  3. きつねダンスが熱い
  4. 大相撲で怪我による休場が目立っている
  5. 2020年の十両の番付はこれまでと傾向が異なる
  6. 阪神の佐藤選手が3・4月の新人ホームラン記録に並んだ(4月27日…
  7. 3000系プレミアムカーは9月25日のダイヤ改正に影響したのか
  8. 勝南桜が連敗記録を更新(2021年3月26日)

おすすめ記事

コアラ

結まーる

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

ジョブサポートセンター

世界の国と国旗☆第55回目 グアテマラ共和国

皆様こんにちは椎名 夏梨(しいな かりん)です。いつも読んで…

トイ・ストーリー4【ソックモンキー】

『トイ・ストーリー4』漫画:PAPRIKA…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP