レジャー

【欧州L】フランクフルトが優勝をかざる!

 

UEFAヨーロッパリーグ21-22シーズン決勝がスペイン・セビージャのラモン・サンチェス・ピスファンで行われ、ドイツのフランクフルトがスコットランドのレンジャーズを、延長含む120分(1-1)のすえPK戦を5-4で制し、優勝しました!

 

フランクフルトには、二人の日本人選手が所属しています。

鎌田大地選手と長谷部誠選手です。

 

UEFAのカップ戦ということでは、フェイエノールトに所属していた小野伸二さん以来の、日本人選手の優勝貢献という快挙です。

 

この試合、フランクフルトのディフェンダーが負傷し、代わりに長谷部選手が投入されました。

突然の交代にもまったく焦ることなく試合に順応し、しっかりと守り抜きました。

 

PK戦では、鎌田選手がきっちりと決め、大きく貢献してくれました。

 

このタイトルを獲得したことにより、フランクフルトは来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに出場する権利をものにすることになりました。

とてつもないことです。

 

鎌田選手はこのヨーロッパリーグで多くのゴールを決めており、優勝までの道のりにおいて途方もない活躍を成し遂げたと言えるでしょう。

 

日本人選手が、ヨーロッパの大きな大会でタイトルを獲得するという、前代未聞の快挙。

 

個人的には、やはり鎌田選手のワールドカップでの活躍を見たいと思っています。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/5109603850/3baac445e2/

 

関連記事

関連記事

  1. 大関の朝ノ山の処分軽減を求める署名について思ったこと
  2. 落ちても這い上がればいい【大相撲編】
  3. 【サッカー】伝説の選手、サミュエル・エトー
  4. 「ビーチコーミング」をしてみよう
  5. USJにマリオがやってくる
  6. 名人戦と他の棋戦の違い
  7. 2021年4月6日の「阪神ー巨人戦」で、珍しいタイミングでコール…
  8. 大相撲の新十両を見て思ったこと

おすすめ記事

コスモス学園中沼ジョブセンター

1 自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、…

いわき希望の園(ゆにば)

障害者総合支援法のと、共生社会の実現に向けて障がいを持つ方々の人権擁護と社会参加が促進されるよう、一…

あおぞら太陽の家

利用者の人権を尊重し、自立及び就労に向けた訓練とその技術の向上を図り、日常生活の基盤を構築(安心・安…

群馬県『高崎駅』周辺の観光案内

 JRと上信電鉄が乗り入れる高崎駅のある群馬県高崎市は、群馬県で一番人口の多い都市で…

障害者相談支援事業所てれんこ

地域でその人らしさ、その人の持つ力を大切にしながら当たり前の暮らしが出来るよう、事業を通し地域生活を…

新着記事

PAGE TOP