コラム

映画『ヤンヤン夏の想い出』のご紹介

出典:『ヤンヤン夏の想い出』より

 

映画『ヤンヤン夏の想い出』(英題:Yi Yi: A One and a Two)は、2000年公開の台湾映画。監督は、エドワード・ヤン氏です。

カンヌで監督賞を受賞するなど、国際的に高い評価を受けています。

 

タイトルからは、子供向けなのかなと想像されるかもしれませんが、そうではなくまったくもって洗練された映画です。

 

台湾のある一家の問題から台湾全体を映し出したかのような、普遍性をもった作品です。

登場人物のすべてが悩みや問題をかかえ、それぞれの葛藤が観るものにたいへん身近に迫るものがあり、こみあげてくるものがあります。

 

ある時代の、台湾という外国。

現代の日本からすると遠く離れた特定の時と場所を描いた映画でありながら、切実なものを感じさせてくれます。

 

なにやら抽象的な感想しか書けず申し訳ございません。

ストーリーを説明してしまうと、わたしの語彙力ではひじょうに陳腐なものになってしまい、魅力を感じさせなくなってしまいそうなのです。

 

主人公ヤンヤンの父親と、日本人プログラマー(イッセー尾形演じる)との友情は、静かにあついものがあります。

出典:『ヤンヤン夏の想い出』より

 

ヤンヤンという少年から見た映像は、とてつもなく美しいです。

「みずみずしい」という形容がなされることが多いエドワード・ヤン監督の映像は、感性がとてもすばらしいことを意味しているのだと思います。

 

いまはもう無くなってしまった熱海のホテルが出てきたり、イッセー尾形さんが出ていることもそうですが、日本人として嬉しくなるような要素がふんだんにあるところも魅力です。

 

まったく言葉が足りず魅力を伝えきれないことに、もどかしさを感じますが、これはなにか論じてしまうとまったくもって無粋なかんじになってしまうし、魅力を落としてしまうように思うのです。

 

しかし、真におすすめできる映画である、ということは間違いありません。

 

 

文章:増何臍阿

関連記事

  1. ほぼ日刊イトイ新聞『岩田さん 岩田聡さんはこんなことを話していた…
  2. 短編小説:『天使の昇天』
  3. 中井 久夫『治療文化論: 精神医学的再構築の試み』岩波現代文庫
  4. 樺沢紫苑著『読んだら忘れない読書術』サンマーク出版
  5. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  6. 怖い話:『蹴りたいドア』
  7. 小説:『彼女との約束(5)』
  8. 映画『メイド・イン・ヘブン』をご紹介

おすすめ記事

障害福祉支援プラザ

ふなぐら荘

1.事業所は、障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとす  …

ワンモア豊中

top

障がいを持つ方々に、就労の機会を提供する。…

小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(6)』

前回まで・『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(1)』・『借金を完済した…

新着記事

PAGE TOP