詩・ポエム

詩:『うしなわれてしまったもの』

 

うしなわれてしまったもの

 

どんなものだったのか

 

なんであったのか

 

それも思い出されない

 

大事なものだった

 

きがかりだけがある

 

ただなんとなく

 

なくてあたりまえとなった

 

今となっては

 

誰も嘆くことはない

 

不思議なことではない

 

なにがなくなったのか

 

誰にもわからないから

 

あっけらかんとしているやからに

 

蹂躙されるほかはないのか

 

うしなわれてしまったものを

 

ただ守るためには

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/3597363547/bfd8924a83/

関連記事

  1. 『桜絨毯』―桜と風を感じながらー
  2. 『背伸びをしたくなる?』 ―少し周囲より背伸びがしたくなるー
  3. 『大粒の雨』
  4. 『秘密の暗号』
  5. 『本の世界』―誰でも自由に過ごしてみたいもの―
  6. 『この世から…』
  7. 『いつもと違う朝』―思い出を胸に旅立つ日―
  8. 『前を向きたい』

おすすめ記事

みのり聖光園

irutoco.

障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスとしての就労移行支援を運営する。 利用者が自立した社会生活を…

ジョブファーム

障害者に対する就労の場の確保は時代に関係なく厳しい状況です。農業の後継者不足や高齢化する地域において…

ワークフィールド 

適正な運営を確保するために必要な人員、設備及び管理運営に関する事項を定め、施設の円滑な運営管理を図る…

西山朋佳奨励会三段の第68期の四段昇格が消滅

 西山女流三冠の第68期における四段昇格はなくなった 西山朋佳奨励会三段は202…

新着記事

PAGE TOP