就労

「頑張っている」、「努力している」のからくり

 

 あくまでも、ビジネス上でのことだと限定した話です。

 そうすると、「頑張っている」、「努力している」は、取柄のない人に対して使用する言葉とも受け止めることができます。

 

 仕事でのいろいろな場面において、「頑張っているね」、「努力しているね」といわれたことはありませんか?

 

 悪い言葉ではないものの、努力以外に評価するポイントがないことを示しています。実績を出しているのであれば、その部分を褒められるはずです。

 

 「頑張った」、「努力した」は自分を正当化するために使用されることが多い

 

 自分から頑張っている、努力しているという人をよく見かけます。こういう人は自分が頑張っているにもかかわらず、他人から不当な評価を下されていると考える人が多い印象を受けます。他人の評価を受け付けない人といえるでしょう。

 

 「頑張った」、「努力した」という人は、自分ができていると思っていることも少なくありません。認知バイアスが働いているように感じられます。

 

 社会は結果がすべてである

 

 ビジネスで評価されるためには、結果を残すことが重要となります。

 それ以外の方法では、評価を得ることはできず、居場所を失うことになります。

 

 まとめ

 

 「社会人=結果」が全てです。他人に認められたいと思うのであれば、成果だけを考えるようにしていきましょう。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/33577118506/857c4093e5/

 

関連記事

  1. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている
  2. 就労移行支援利用(障碍者向け)を考えている方へ
  3. 転職を3回経験したから言えること(下)
  4. 難しいと思う仕事でもやってみると...
  5. 尊敬できる上司も多い
  6. 会社をすぐにやめる新卒
  7. 無能な上司が生まれる3つの法則
  8. 就職氷河期世代に対する、政府の就職氷河期支援政策は手遅れ

おすすめ記事

PASTEL

ライフサポート株式会社

事業所の従業者は、利用者の特性を踏まえて、その有する能力の維持・改善を図り、1日も早く就労することが…

就労支援アシスト

障がい者相談支援センターココ

人として 人のために…

社会福祉法人敬尚会 江南よしみ地域生活支援センター

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の心身の状況、その置かれている…

新着記事

PAGE TOP