サスペンス・ホラー

怖い話『お迎えにあがりました』

 

玄関チャイムが鳴った。
ハーイと返事をすると、ドアの向こうから、

「お迎えにあがりました」

という声。

「え、何ですか?」

「こちら倉本さんのお宅ですよね」

という。

倉本さんは同じ団地の別棟の住人だ。
呼ばれたタクシーとかが、お宅を間違えてるなと思い、

「倉本さんなら2号棟ですよ」

と教えてあげたが、

「とりあえずドア開けてもらえませんか?」

– え、何で?! -

「イヤです」

そんなやり取りをしばらくあったあと、相手は帰っていった。

翌日、2号棟の倉本さんのおじいさんが亡くなられたという、知らせを受けた。

急性の病気で突然倒れたということだったが、お迎えってあっちのお迎えってことでは?と思うとゾクッとした。

あの時、ドア開けてたらどうなってたんだろ?
このことがあるまでは時々、換気のためドアや窓を開け放していることがある。
それ以来、ドアはいつも閉じておくようにしている。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/227087038/cc2f3bd166/

 

関連記事

  1. 怖い話『泣く傘』
  2. 怖い話『犬が追うもの』
  3. 怖い話『二階の子供』
  4. 怖い話『煎餅缶事件』
  5. 怖い話『おじいさんが寝てるんや』
  6. 怖い話『開かない襖』
  7. ホラー:『不可解な出来事2』
  8. 怖い話『ジロジロ見るんじゃないの!』

おすすめ記事

こすもす作業所

 利用者の意向、適性、障害の特性その他の事情を踏まえて就労継続支援B型計を作成し、これに基づき利用者…

障がい者生活サポートセンター にじ

障がいを持つ方が安心して病院から退院し、地域で暮らせるよう、他の障害福祉サービスや社会資源を活用し、…

おやま就労支援センター

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供する…

チャレンジドジャパン立川センター

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行規則第六条十の三に定める期間において、就…

福祉人財養成学院 石巻教室

「家族愛・親孝行」を理念に、まずは働く仲間の物心共に豊かな人生の実現を目指しております。その上で、ビ…

新着記事

PAGE TOP