サスペンス・ホラー

怖い話『もう一人の住人』

 

わたしがまだ幼稚園に通う前の幼い頃。

夕方、家に帰ると、玄関に知らないおじさんがドカッと座っていた。

 

― お客さんかな? ―

 

家に入ろうにも場所を空けてくれそうにないし、さっきから怖い顔で睨みつけている。

わたしはすぐに帰るだろうと、玄関先に出しっぱなしにしていたおもちゃで時間を潰していた。

おじさんがなかなか帰ろうとしないまま、陽も沈んで暗くなってきた。

2階の窓から、

 

「そろそろ家に入りや」

 

などと祖母が声を掛ける。

 

仕方なくわたしはおじさんの横のわずかな隙間を通って家の中に入った。

その間も

 

― 俺に触れたら承知しないぞ ―

 

と怖い空気を醸し出している。

 

その後、お風呂で祖父に、

 

「さっき玄関にいた人、誰?」

 

と聞いてみた。

背広を着た怖い顔のと、特長を言うと、祖父は言った。

 

「うちにあんな人、こんな人おるって人に言うんやないぞ!」

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/9521922267/2b5153cac4/

 

関連記事

  1. ディストピア『見果てぬ、地平』
  2. 怖い話『かまくら』
  3. 怖い話『階段からくる子』
  4. 怖い話『外の世界の子供たち』
  5. 創作『天上からの密かな企み』
  6. 怖い話『散らかすな!』
  7. 怖い話『断崖の遺物』
  8. 怖い話『おまえの母ちゃん・・・』

おすすめ記事

ウェルビー府中駅前センター

障がい者相談支援センター すずらん

犬山事業所リア

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、就労の機会を提…

stara せんげん台

個別支援計画の作成 就労の機会及び生産活動の機会の提供 雇用契約の締結による就労の機会の提供 訪問支…

ラーフ・チャレンジ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに生産活動その…

新着記事

PAGE TOP