レジャー

将棋の第70期奨励会三段リーグが終了

 第70回三段リーグが終了

 

 四段昇段をかけた三段リーグは終了し、岡部三段、徳田三段が四段に昇段しました。

 成績はともに15勝3敗となります。順位の関係で、岡部三段が1位、徳田三段が2位という扱いです。(順位戦のときに影響する)

 

 昇段した二人については、2022年4月1日より、順位戦のC級2組に参加します。彼らの活躍に期待しましょう。

 

 片山三段が次点

 

 14勝4敗の成績で3位となり、次点がつくことになりました。次点がつくための条件を満たせば、フリークラスのプロとしてデビューできるようになります。2位以内になった場合、順位戦に参加できるプロとしてデビューします。

 

 片山三段は17歳と若いです。来期にプロになることができれば、将来的にタイトルに絡むような棋士になるかもしれません。

 

 13勝5敗の奨励会員が4人

 

 四段になるボーダーラインといわれる、13勝5敗が4人もいました。今回はハイレベルな成績で終わりました。

 

 最後に

 

 四段にあがれなかった人は、4月から新しい戦いが始まることになります。優秀な成績を収めて、プロデビューしてほしいと思います。

 

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/13/kiji/20220312s000413F2657000c.html

©岡部怜央、徳田拳士の両三段がプロに 第70期奨励会三段リーグ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/21874851808/9547d69883/

 

関連記事

関連記事

  1. 夜行バスにのるときに気をつけたいこと3選
  2. 田中将大投手が来期は楽天でプレイする
  3. 大相撲の十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所)…
  4. 女性初のプロ棋士は誕生するのか
  5. 西山朋佳女流三冠が棋聖戦二次予選で初戦突破
  6. 選抜予想2021(11月2日時点)
  7. プロ野球で起こった20年ぶりの珍事
  8. 甲子園へ向けてのリスタート

おすすめ記事

第三者のために力を尽くしても認められない

第三者のために力を尽くしてきたのに、認められないことが多い。そんなふうに思ったことは…

ソーシャルガーデン

作業は皆無で、毎日、資格取得の授業を通して職業能力を高めていく形式のスタイルです。 当事業所の常勤ス…

多機能型事業所ふうね 

にこっと

ふたば

1 事業者は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、生産活動・…

新着記事

PAGE TOP