コラム

映画『南極料理人』のご紹介 

映画『南極料理人』のご紹介 

 

はじめに

 

『南極料理人』(2009)は、南極観測隊員として調理を担当していた西村淳のエッセイ、「面白南極料理人」を原作とする映画です。

 

主人公の西村を演じるのは、堺雅人。脇を固めるのは、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補といった個性派実力派俳優たち。

真冬の網走で行われたロケでは、実際の観測隊さながらの共同生活をおくり、隊員たちの密接した関係を最大限うまく描いています。

 

みどころ

 

堺雅人演じる西村が作る料理は、本当にどれも美味しそうです。

伊勢海老などの高級食材が使われることもあり、またおにぎりなどの身近な食べ物もあり、とにかく美味しそうなのです。

映画『かもめ食堂』などでフードスタイリストを務めた飯島奈美さんが参加していることがとても大きいです。

 

南極では水がとても貴重なのに勝手にシャワーを浴びてしまう迷惑隊員や、きたろう演じる隊員が「らーめん食べたい」と西村に懇願し、一生懸命その願いに応えるところなど、隊員たちの人間くささがコミカルかつ情け深く描かれ、とても好感がもてます。

 

南極大陸での観測の大変さや、狭いなかでの人間関係のトラブルといった負の部分もしっかりと描きつつも、人間が寄り添って生きていく楽しさも存分に表現されます。

 

 

おわりに

 

気軽に見られテンポもよく、脱力系の笑いもあるので、気を張らずに楽しめる作品です。

 

日々ちょっと疲れているな、と感じる人には、一番おススメできます。

 

 

文章:parrhesia

関連記事

  1. 短編小説:『ふしぎなおとしもの』
  2. 危険や罠の分類について
  3. 『幸せ』とは
  4. ショートショート『夕食は鍋』
  5. プロ棋士を生で見た感想
  6. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  7. ショートショート『脳の器質的な損傷を改善する手術』
  8. 小説:『自分の道(2)』

おすすめ記事

障がい福祉サービス事業さくら

・基本理念 1.私たちは、利用者主体のより質の高いサービス事業を提供いたします。 2.私たちは、利用…

チャレンジド白浜 

障害者の就労の機会を拡大するとともに、就労能力の向上と一般就労に向けた支援を行って参ります。…

Colorful Design Works

京阪電車における変則運用

 京阪電車で行われている、面白い(他社ではあまり見られない)運用についてあげていきた…

グローアップ船橋

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP