詩・ポエム

詩:『高台にある美術館』

 

高台にある美術館

 

海を見晴らすことのできる

 

ちいさな個人美術館

 

亡くなった画家の奥さんが

 

今は館長をしている

 

良家の令嬢であった奥さんが

 

ハンサムな旦那を支えていた

 

海外で暮らし海を描いていた

 

この美術館は

 

旦那の生きた証として

 

奥さんが建てたもの

 

残ったのは

 

画家の業績ではなく

 

奥さんの

 

旦那さんへの愛だったのだ

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/11167098995/ed750ceeee/

関連記事

  1. 『言えば…何か変わっていた?』
  2. 『もう踏み出しているよ』
  3. 『深呼吸』―思いっきり深呼吸してみようー
  4. 『歌は私を癒してくれます』―好きな音楽が人の心を癒す―
  5. 『奇跡を信じますか?』―信じるだけ奇跡は必ず起きる―
  6. 『もう無理なんだって!』―どんなに理解したくても心を閉ざされたら…
  7. 『病気を抱える』
  8. 『伝わらない』

おすすめ記事

クローバーズ・ピアワッセ

・働くことを中心とし、利用者が生きがいを持てるような支援を行います。 ・利用者の意思及び人格を尊重し…

就労継続支援A型かえで

白石あけぼの園

社会福祉法・障害者総合支援法・介護保険法及び法人白石陽光園の定款に基づき、利用者はもとより地域社会に…

とばせ園

ハナリコ

新着記事

PAGE TOP