コラム

もっと本を読もう! もっと活字に触れよう!

 

「読書離れ」、「活字離れ」が言われて久しいが、動物の中でも人間だけが言語を持っているのだから、それを十全に活用しないのは全くもってもったいないと言わざるを得ない。

 

宝の持ち腐れと言わざるを得ない。

 

人間にしか与えられていないこの「財宝」を用いないのは、これは大きな損失だと思う。

 

身体は、年を重ねれば衰えてきますが、精神は、いくらでも成長できるのですから。

 

目の前には無限ともいえる財宝、心のごちそうがあるのだから、それらを手にしないのはどうしてなのか? 不思議と言わざるを得ない。

 

身体は衰えても心まではいつまでも若々しく生き生きとありたいものです。

 

いつまでも向上心を持ち自己成長していきたいものです。

 

その大きな手段の一つが読書だと思います。

 

我が国も文字・活字文化振興法を作ったのだから、

もっともっと皆が活字に親しんで心豊かに自分の人生をより良いものにして、幸福を満喫していきたいと願います。

 

高齢者にとっても、認知症予防にもいいと思いますし。

 

全世代が読書によってより幸福に、共に幸福に。そう願っています。

 

 

文章:シャーペン

 

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F4879%2F46872433061_1b224b71dd_c.jpg&s=88b97587aa96edbdf57a9e42e4444564

関連記事

  1. 一人の若者が太宰治について思うこと
  2. 小説:『彼女との約束(5)』
  3. 小説:『彼女との約束(4)』
  4. 短編小説:『寝過ごして』
  5. 映画『南極料理人』のご紹介 
  6. 小説:『彼女との約束(6)』
  7. エッセイ:『ある愚考のひとつのかたち』
  8. ノンフィクション作品の魅力

おすすめ記事

うじ・はんどめいどショップ

法人理念:ともにある〜私たちから発信〜…

セルプ絆

指定就労移行支援の実施に当たっては、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができる…

怖い話『今からこない?』

高校時代の同級生のA子から、しばらくぶりに電話が掛かってきた。「…

しののめプラス

利用者の気持ちに寄り添い、地域での充実した生活を実現できる支援を行う。…

元気のでるファームSTEP

利用者様が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、生産活動、その他活動の機会の提供を通…

新着記事

PAGE TOP