コラム

有限な時間の中で

 

私たちは、限られた時間の中で生きています。

 

誰もが死という事に向かって生きていて死は避けることが出来ません。

 

そして死はいつ訪れてくるか誰にもわかりません。

 

なので、悔いなくこの与えられた生を存分に謳歌していきたいと思います。

 

優先順位をつけて有意義に時間を使っていきたいものです。

 

同じ時間を使うのであれば、自分の為そして人の為にもなるような生き方をしたいものです。

 

誰もがそう願っていると思います。

 

自分の人生なのだから自分の思う様に生きたいものですが、人生はそれほど甘くはなくままならないのが人生というものでしょう。

 

しかし環境に振り回され人に振り回されても自分自身の自立した生き方を貫きたいものです。

 

確固不動の主体性のある自立した自己を築いて人生を楽しみたいものです。

 

その智慧を人類の偉大な精神遺産である仏教に求めたい。

 

生老病死の四苦を根本的に解決した仏教に。

 

このような素晴らしいものがこの世にあることに感謝したい。

 

仏典に「仏に巡り合うことが難しいのは、一眼の亀が浮き木の穴に巡り合うのと変わらない」とある様に。

 

人として生まれるという事がまれであり、またこの仏法に巡り合うことがどれほど難しいものであるかを考えれば。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F4063%2F4314779043_d2a7e32f66_c.jpg&s=cf3716a9b1273b0f4b4c645bb0d21df2

関連記事

  1. 一人の人を大切に
  2. 自己をありのままに受け入れよう、そして「他者信頼」、「他者貢献」…
  3. 暑がりさんVS寒がりさん
  4. A級順位戦の今後
  5. 迷惑行為と正義感とナルシシズム 
  6. 社会において必要となるのは第三者からの需要
  7. かわいそーって言ってる自分が好き
  8. 優秀な人間は接しにくい
PAGE TOP