時事問題

【海外ニュースウォッチ】中国の人口大激減【第四回】

 

海外のニュースから、筆者が気になったものをピックアップしてわかりやすくお届けするシリーズです。

第四回は、「中国の人口大激減」についてです。

 

 

中国が40年前に導入した「一人っ子政策」は、中国という国家のとんでもない失策として記憶されることになりました。

 

当時の政策担当者は、出生率が急激に低下した場合は軌道修正すればよい、と考えていたようですが、現実にはそれは容易ではありませんでした。

 

中国は長らく、女性の結婚を遅らせ小さな家庭を持つことを推奨してきました。

その中で人口妊娠中絶を行う診療所を次々と開設し大幅に出生数を減らした省もありました。そうすることがいいことだと奨励されたのです。

現在、中国では不妊が大きな問題となっています。

度重なる人工妊娠中絶が不妊のひとつの原因であるとの研究報告もあります。

 

こうしたなか、政府は今までとまったく逆の方向の政策へと舵をきっています。

人工妊娠中絶をする診療所を閉鎖し、子供をもつことを必死に奨励しているのです。

しかし、なかなか功を奏しません。

 

以下のような記事もあります。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/91227

©2050年、「中国の人口が半減する」という衝撃事実(河合 雅司) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

 

人口がものすごいスピードで減少し、高齢者の割合が急激に高まることで、社会の人口構成がいびつなものとなり、さまざまな社会制度が機能不全に陥ります。

その数が多いだけに、影響は計り知れないものとなります。数億の人がいなくなると、世界に多大なるインパクトを与えるでしょう。

 

中国はその巨体をコントロールし続けられるのでしょうか。

実際のところ、こうしたことが中国共産党体制崩壊の引き金のキーポイントになるかもしれません。

 

文章:増何臍阿

 

 

画像提供元:https://foter.com/f7/photo/32235702078/c80973887e/

 

関連記事

関連記事

  1. ラグビーワールドカップの賞金
  2. プロ野球のノンテンダー契約は戦力外だったのか
  3. 罰則付きの外出制限
  4. 大相撲の7月場所で白鵬が全勝優勝
  5. 2020年7月からレジ袋有料化
  6. 仕事ができることに感謝したい
  7. 【海外ニュースウォッチ】世界に丸見えのロシア軍【第三回】
  8. 「あおり運転」で免許取り消し

おすすめ記事

天心園パン工房panne原田店

就労支援センター天心園では、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように、就労の機会…

社会就労センター グリーンピア

利用者の主体性と選択に基づいて、自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、事業者が利用者に対して…

ふっくら工房ふるさと 

可能な限り、地域生活への移行を念頭において、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知…

多機能型事業所 ピアチェーレ

事業所が行う指定就労継続支援(B型)の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができる…

一般社団法人やさいサラダ

通常の企業に雇用されることが困難な障害のある方を雇用し就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP