レジャー

【2022年大相撲初場所】十両にあがれるのは誰になるのか(1月20日時点)

 

 1月20日時点で、誰が十両にあがれるのかを予想していきます。

 

 十両から落ちそうなのは4人

 12日目時点で十両から落ちそうなのは、4人(確定は3人)となっています。幕下から十両にあがれる人数=十両から幕下に落ちる人数なので、4人(3人の可能性もある)が十両の座をつかむことになりそうです。

 

 現時点で十両にあがれそうな力士

 東幕下5枚目で、6勝0敗の竜電は十両にあがる確率が非常に高いです。久しぶりに、関取の地位をつかむことになりそうです。

 

 2番手になるのは、西幕下2枚目の、島津海です。既に4勝2敗と勝ち越しており、千秋楽に勝利すれば、3番目以内が確定します。敗北したとしても、番付的に上がれる確率が高いでしょう。

 

 3番手になりそうなのは、西幕下筆頭の熱海富士です。7番相撲に勝てば、番付からして十両昇進の確率が高そうです。

 

 4番手になりそうなのは、西幕下4枚目の栃丸です。7番相撲に勝利すれば、十両昇進の可能性が高くなります。敗北した場合については、熱海富士、貴健斗、海龍の結果次第になります。

 

 5番手候補は、東幕下3枚目の貴健斗です。本日の取組に勝利すれば、十両の可能性が見えてきます。7番相撲に勝つことが、十両昇進の絶対条件です。

 

 6番手は東幕下4枚目の海龍です。他の成績次第ではあるものの、7番相撲に勝利すれば、関取になれる可能性は残されています。

 

 熱海富士、貴健斗、海龍の3人は3勝3敗であるため、全員が負ける可能性もあります。その場合は、幕下15枚目以内で大きく勝ち越した力士が十両の座をつかむ可能性も残されています。わずかではあるものの、深井、菅野などにもチャンスは残されているといえるでしょう。 

 

 まとめ

 関取の地位をつかむのは誰になるのでしょうか。千秋楽まで目が離せません。

 

文章:陰と陽

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2878963752/99baec051a/

 

 

 

関連記事

  1. Pリーガー紹介③
  2. Pリーグとは…?
  3. 【欧州CL】熱戦がつづく準々決勝!
  4. 変則将棋を楽しんでみよう
  5. 三段目の響龍が死亡
  6. 阪神の佐藤選手の三振数を当てる問題が出題された
  7. 将棋の世界:名人戦における昇級、降級、降級点は一部変更となった
  8. 大関の朝の山は、一場所で二度目の不戦勝

おすすめ記事

三和ゆめランド

作業(びわ茶・コーヒー・ジャム作り)を通じて、就労の楽しさをみつけてほしい…

LITALICOワークス海老名

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

摂津市立ひびきはばたき園

 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに生産活動そ…

ワークハウスふたば 

利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立った支援を行っていく。…

🌙今週の12星座占い🌙 (5月27日~6月2日)

🌙今週の12星座占い🌙(5月27日~6月2日)…

新着記事

PAGE TOP