詩・ポエム

詩:『隠者の言い分』

 

雨戸を閉めて布団をかぶる

 

世の中の喧噪をよそに

 

静かにもの思いに沈む

 

今日世の中で起こった

 

あらゆる出来事は

 

なにか意味があったのか

 

わたしにはわからない

 

メタ倫理的な悲劇的実存から

 

対話的実存へと移れという

 

偉い学者の言葉

 

でもどうだ

 

意味があるというのか

 

際限のないおしゃべりが

 

つづくだけの

 

ただただおわりつづける世界に

 

結局のところ

 

ふたたび戻ることになる

 

悲劇的実存へと

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/15452359761/ce33328433/

 

関連記事

  1. 『悩みがないのが悩み?』-悩んだ分だけ人生が切り開ける―
  2. 『全然響かない!』―綺麗事って並べて何が言いたいの―
  3. 『凍った心』―誰かの温かさに触れて居たい―
  4. 『音』
  5. 『晴れない…』
  6. 『あの幸せの時代』―こんな世界壊れちゃえばいいのに―
  7. 詩:『自己成長したい…。』
  8. 『暗黙のルール』

おすすめ記事

就労継続支援B型事業所むすび

LITALICOワークス蒲田

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

相談支援パーソンズ

・利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の身体の状況、その置かれてい…

詩:『回転する球体』

どうにもならないときあるいは憤懣やるかたないとき&nbs…

就労継続支援事業所かけはし

事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、個別支援計画を作成し、これに基づ…

新着記事

PAGE TOP