詩・ポエム

詩:『回転する球体』

どうにもならないとき

 

あるいは

 

憤懣やるかたないとき

 

ふと思い浮かべる

 

回転する球体を

 

自分が

 

そこに浮かぶ

 

塵芥に過ぎないことを

 

思い出せるから

 

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/50287332771/652490c29f/

関連記事

  1. 『コンプレックスが…』―原因がなんであれ他人を責めても無意味―
  2. 『ココロの穴』
  3. 『大きな花』
  4. 『求め過ぎないこと』―相手に求めれば、求める程にどつぼにはまるー…
  5. 『大人って…』
  6. 『手を離す』
  7. 『ふとした瞬間』―何もない瞬間が人を苦しませる―
  8. 『バトン』-未来にバトンを繋げー

おすすめ記事

ワークセンター心陽 

当法人は利用者個々の状況に応じた様々な日中活動の提供を行い、心身の安定と成長、働く場の創設と拡充、就…

ネンテル

障害福祉サービス事業所ネンテルは利用者の意思及び人格を尊重し、利用者が自立した日常生活、社会生活が送…

コパン

1 事業所は、地域との結びつきを重視し、利用者の所在する市町村、他の指定障害福祉サービス事業者、指定…

SELPビナ

〇利用者も職員も共に働く仲間として、協力し合い、助け合い、補い合いそれぞれの「ゆめ」の実現に取り組み…

友垣の里

新着記事

PAGE TOP