コラム

自分も相手も大切にするコミュニケーション 「アサーティブ・コミュニケーション」

 

自分も相手も大切にするコミュニケーション 「アサーティブ・コミュニケーション」

 

人間関係でお悩みの方は多いのではないでしょうか?

 

その悩みを少しでもなくしたいと思われる方は、是非身につけたい魔法のような方法「アサーティブ・コミュニケーション」があります。

 

アサーティブとは、「自己主張すること」という意味です。

 

ここで言う「自己主張すること」とは、単に自分の主張を一方的に話すのではなく、相手も大切にしながら適切な表現で伝えることです。

 

なので「アサーティブ・コミュニケーション」とは、自分も相手も大切にして互いを尊重して意見を交わすコミュニケーションのことになります。

 

具体的には、心の姿勢として四つあるといいます。

 

一つは、「誠実」。

自分にも相手にもうそをつかないで正直であること。

 

二つは、「率直」。

凛と立ってまっすぐ向き合うこと。遠まわしではなくストレートに、相手に”伝わる“言葉にする。

 

三つは、「対等」。

自分を卑下しない、相手を見下さない対等な目線。

 

四つは、「自己責任」。

相手も自分も責めることなく、言ったことにも言わなかったことにも責任を取ろうとすること。自分も相手も責めないこと。

 

とあります。

 

これが、アサーティブの内容です。

 

そして、人のタイプとして四つあるといいます。

 

一つは、攻撃型の「アグレッシブ」:自分はOK / 相手はOKではない

 

二つは、主張を控える「ノンアサーティブ」:自分はOKではない / 相手はOK

 

三つは、作為的(ネッチー):自分も相手もOKではない

 

四つは、アサーティブ:自分も相手もOK

 

この四つは、固定されたものではなく相手や状況によっていろいろと変わるものです。

 

四つ目のアサーティブ以外はすべていずれのタイプも、実は自己中心的であるという事です。

 

なかなか理想のアサーティブにはなれないかもしれませんが、少しでも努力を重ねてそのようになろうと諦めずに、例えままならなくても続けていきたいものです。

 

「今度はこうしよう」と前向きに考えていけたらいいのです。

 

性格はなかなか変われるものではありませんが、生き方は変えることが出来るのですから。

 

 

ざっと簡単に説明しましたが、詳しくお知りになりたい方は、是非検索してみてください。

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F762%2F22156684909_7bed39f175_c.jpg&s=254bbab13cbb043a44fa76e062aa9153

関連記事

  1. 障碍者に送る タモリさんの名言
  2. 運は努力で引き寄せる
  3. 日本人は他人に求めすぎる
  4. ちくま新書の「【シリーズ】ケアを考える」
  5. 事件は起こした当人だけが悪い
  6. 個性の強い障碍者に読んでほしい、志村けんの名言
  7. 岡崎 琢磨『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹…
  8. 夜に眠りやすくなる方法(個人差あり)

おすすめ記事

ジョブジョイントおおさかたかつきブランチ

障がい者支援センター 上益城きぼうの家

NPO法人上益城きぼうの家(以下「事業者」という。)が運営する指定就労継続支援B型の事業は、利用者が…

くすの木苑

障害者総合支援法等関係法令の理念に則り、利用者の方が自立した日常生活または社会生活を営むことができる…

オフィスパートナー湊町ブランチ

オフィスパートナー湊町ブランチは、利用する方が自分の人生を自分で決め、よりよい未来を選んでいけるよう…

ビオトープ大国

新着記事

PAGE TOP