サスペンス・ホラー

怖い話『誰のお母さん?』

 

子供の頃、友達の家にお泊りにいった時の話。

庭にテントを張って、そこで寝ることになった。

 

メンバーは仲良しの3人。

夕食とお風呂のあと、みんなでテントの中でトランプで盛り上がっていた。

そこにバタバタとテントを叩く音がした。

風ではなく、明らかに人が叩いている。

 

そして、テントの入り口が少し開き、そこから大人の女性が顔を突っ込んできた。

 

「楽しそうね、入っていい?」

 

もうテントの中は3人でいっぱいだ。

 

「入れるスペースがないから・・・」 

 

「あらー、残念」

 

そう言うとその女性は顔を引っ込めてテントの入り口を閉めて行ってしまった。

 

「お母さんかわいそうだよ、何とか詰めれば入れたのに・・・」

 

「今のは誰のお母さんだったの?」

 

「それに・・・ここ砂利石とかあるのに、足音もしなかったよね?」

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/264109821/02ca545921/

 

関連記事

  1. 怖い話『隣の人』
  2. 怖い話『デジャブ』
  3. 怖い話『ボンネットの女の子』
  4. 怖い話『駆け込んできたもの』
  5. 怖い話『電車内のいたずらっ子』
  6. 怖い話『テレビの前の子供』
  7. 怖い話『自動』
  8. 怖い話『廃墟ビルの鉄扉』

おすすめ記事

もくせいの家

・利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利…

労協ながの介護支援センター

公平中立・自立支援に基づいた計画書の作成 利用者様の日常生活に寄り添った運営…

相模クラーク学園

日中活動としての機能を十分に発揮できるよう、各部門の強化を図り、実態に適した運営を推進していきます。…

ひまわりフードサービス

関係法令を遵守し他の社会資源との連携を図った適正かつきめ細かな就労移行支援のサービスの提供をします。…

カルペ

事業所は利用者と雇用契約を締結し障がい者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うもの…

新着記事

PAGE TOP