時事問題

2021年の衆議院選挙が終了

 

 2021年の衆議院選挙が終了しました。個人的な感想を書いていきたいと思います。

 

 自民党の圧勝で幕を閉じた

 公示前よりは議席を減らしたものの、単独で過半数の議席を獲得しました。自民党の圧勝といってもよいでしょう。

 

 大阪では自民党が全敗

 大阪においては、小選挙区で議席を獲得することができませんでした。自民党に代わる政党が登場すれば、結果は大きく変わっていくかもしれません。国民は自民党がいいから選んでいるのではなく、消去法で選択している可能性はあります。

 

 野党第一党の立憲民主党は議席を減らした

 自民党の議席が減ったにもかかわらず、野党第一党も議席を減らしました。批判の受け皿になっていないのかもしれません。

 

 維新の会は議席を大幅に増やした

 大阪の小選挙区で全勝するなど、大きく躍進することになりました。公明党が立候補したところに議員を立候補させていたら、さらに4議席増やせたかもしれません。

 

 兵庫においても、小選挙区で1議席を獲得するなど、支持を集めることに成功しました。比例においても票を大幅に伸ばしたことで、第三党となりました。

 

 投票率があまりにも低すぎる

 投票率は56パーセント前後となっており、9人に4人くらいは投票に行っていません。あと5パーセント投票率が高ければ、自民党の議席は30くらい減っていたように感じます。

 

 投票した感想

 消去法で候補を選びました。誰にも期待できない中、投票させられるのは苦痛を伴いました。選挙に行っていない人の中には、同じような人もいるかもしれません。

 

 まとめ

 次回の衆議院選挙までは、自公連立政権となります。日本はどうなっていくのでしょうか。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/5695179697/cecec73eca/

関連記事

  1. 特定給付金の状況をインターネットで調べてみよう
  2. 2021年の駒澤大学の10区の選手が逮捕
  3. 育成選手から這い上がれるか
  4. 夫婦別姓の最高裁判決があった
  5. ワクチン接種者に特典
  6. 東京五輪:マラソン、競歩どうなる??
  7. コロナウイルスが急激に広がりを見せている2
  8. 藤井聡太7段の棋聖獲得はお預けとなった

おすすめ記事

就労継続支援A型事業所 小さな翼

利用者本位。まず最初に考えるべきは利用者のこと。 利用者とその家族の生活の質を向上させる。…

調布市知的障害者援護施設すまいる分室

知的障害者福祉法及び「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」の基本理念及び調布市…

エコポットあさひ

多様な福祉サービスが、利用者の方の意向を尊重して総合的に提供されるよう、地域や関係機関との連携や創意…

ゆーあい工房

 事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、就労の機会を提供すると…

メルヴェイユ仙台

障害者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、身体及び精神の状況並びに置かれている環境…

新着記事

PAGE TOP