コラム

荻原魚雷『本と怠け者』ちくま文庫 のご紹介

 

荻原魚雷『本と怠け者』の紹介

 

著者情報

 

著者の荻原魚雷(おぎはらぎょらい)は、三重県鈴鹿市出身のフリーライター、エッセイストです。大学在学中から雑誌の編集に携わり、書評やエッセイ(主に古書に関するもの)を書いています。

 

1989年秋から高円寺に在住。

神保町などの古書店を巡り、喫茶店で過ごし、夜は飲み屋で、朝に眠る。そうした暮らしをしながら、古書や半隠居についてのエッセイを多数書かれています。

 

取り上げられている作家たち

 

本書は「ちくま」の連載「魚雷の眼」に書きおろし及び未収録原稿を加えた、文庫オリジナルの古本エッセイです。

 

取り上げられている作家は、古山高麗雄、梅崎春生、尾崎一雄、ジョージ・ミケシュ、中村光夫など。今では顧みられることも少なくなった作家が多いです。

そのため、読んだことのない作家を知ることができ、本の世界が広がります。

 

みどころ

 

働かないわけではないけれど、あくせくしたくはない。怠け者とそしられかねない生き方をした作家たちのことばを引用しながら、著者は日々の暮らしや生き方、ものの考え方について述べていきます。

 

優雅なように見えて、実のところこのように生きるのは大変苦しい。世の中から一歩引いてものを見、じっくりと考える。

世間のペースに合わせて生きることが難しいひとが、どうやって自分なりの生き方を創り出していくのか。そんな堅苦しいことを考えてもいいし、そうでなくてもかまわない。

 

ゆっくりと脱力しつつもしっかりとした芯を持つことのむつかしさと勇気について、いろいろと示唆に富んだ考えに触れることができます。

 

まとめ

 

本を読むこと以外は「怠け者」である著者が、「本を真剣に読む」とはどういうことか、肩ひじ張らずに身をもってひそやかに教えてくれます。

 

文章:増何臍阿

関連記事

  1. 小説:『自分の道(6)』
  2. 『スライムを倒して300年、知らない間にレベルMaxになってまし…
  3. 藤田和也『やってはいけない不動産投資』
  4. 小説:『借金を完済した直後に、あの世に旅立った女性は異世界に転生…
  5. 物語の一巻目を簡単に解説! 第四回【Rosen Blood】
  6. 深田萌絵『ソーシャルメディアと経済戦争』扶桑社新書
  7. 小説:『自分の道(5)』
  8. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…

おすすめ記事

地域相談支援室 あんりゅう

・利用者等が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の心身の状況、その置かれて…

障害福祉サービス事業 フルールこすど 

地域で生活する障がいのある方々が、希望をもって、自分らしく暮らしていけるような環境を提供する。利用す…

障害者就労支援センター どんまい福祉工房 LOCAVORE

ほっとハート相談支援事業所リンク

利用者が地域において基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい日常生活又は社会生活を営むことが…

かるがもの家

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて…

新着記事

PAGE TOP