福祉・医療

障碍者は支援者などに対して主に2つの評価を出す

 

 障碍者は支援者や医者に対して、主に2つの評価をします。

 それについて書いていきます。

 

 話を聞いてくれればいいという障碍者は満足していることが多い

 自分の話を聞いてほしいと思っている障碍者は、プラスの評価を出しやすいです。不満を打ち明けることによって、前を向きやすいタイプなのかもしれません。話を聞いてくれる人がいなかったので、そういう人ができたことに喜んでいるケースもあります。

 

 こちらについては話を聞いていればいいだけなので、支援者は苦労することはありません。

 

 自分のことをわかってほしいと思う障碍者は不満を感じやすい

 話を聞くだけでは満足せず、本質をきっちりと理解してほしいと考えている障碍者もいます。こちらは支援者がわかってくれない、理解してくれないという内容を漏らすことになります。

 

 他人の本質を理解するのは、根本的に不可能となっています。障碍でない人に、障碍者の気持ちなどわかるはずもありません。このケースであった場合、対処法はなくなってしまいます。人間は話を聞くことはできても、本質を理解することなどできません。

 

 まとめ

 障碍者が支援員に求めているものは異なり、支援者が到底できないことも含まれていることもあります。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/26294944832/79720ee944/

 

関連記事

  1. 障碍者にも希望はある
  2. 躁鬱病の躁状態だから、普段より成果が出るとは限らない
  3. 社会は多数派のためにある
  4. 健康のために、「歯科検診」を受けよう
  5. 年金制度の将来を案ずる
  6. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている
  7. 支援者と知的障碍(発達障碍)は見ている世界が違う
  8. B型作業所に通う場合の注意点

おすすめ記事

ワークしののめ

地域に在住する心身障害者に対して自立支援,就労支援等の機能を充実・強化するため障害者総合支援法に基づ…

障がい者支援施設 あっぷ

関係法令順守し、継続支援B型の利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事が出来るよう、雇用契約に基…

創和ユニット

サンワーク 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

ワークサポート希望の家

懇切丁寧を旨とし、利用者又はその家族に対し、サービスの提供方法等について理解しやすいように説明を行い…

新着記事

PAGE TOP