コラム

ほぼ日刊イトイ新聞『岩田さん 岩田聡さんはこんなことを話していた。』

 

ほぼ日刊イトイ新聞『岩田さん 岩田聡さんはこんなことを話していた。』

 

岩田聡さんは、2002年に任天堂の社長に就任され、ニンテンドーDSやWiiといった革新的なハードを世に送り出された方です。

本書は、コピーライターの糸井重里さんのほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)と任天堂公式ページに掲載された記事から、岩田さんのことばや思いを再構成したものです。

 

本書を読んでいると、岩田さんのお人柄をうかがうことができて、背筋がしゃんとなり、やる気がでたり何か素直な気分になることができます。

 

信頼される、ついていきたくなるリーダーだなと、ことばをうかがっているだけで感じます。

 

いくつか岩田さんのことばを引用します。

 

”ちいさいころの私は病弱で喘息もちで、転校したあとにいじめられっ子だったこともありました。

そういうときに、弱者の立場をけっこう経験しているんです。(中略)

わたしはそういうところでの経験が絶対に捨てられませんし、また、むかし、たいへんだったことに対して、うらみを晴らすというような気持ちがほんとにないんです。”

 

”仕様を決めるときに、ほんとうに大事なことは、「なにを足すか」じゃなくて、「なにを捨てるか」「なにをやらないと決めるか」だというのをすごく実感しました。”

 

”たしかに、わたしは困っている人がいたり、そこに問題を抱えている人がいると、その問題を解決したくなるんです。正確に言うと、目の前に何かの問題があったら、「自分だったらこうするだろうな」というのを真剣に考えずにはいられない。

助けるというよりは、当事者として真剣に考えてしまう。”

 

 

通読して感じるのは、問題を見つけ、分析し、解決したいという飽くことのない情熱です。問題を解決するために、仮説を立てて検証するトライアンドエラーをくりかえすことを、しんどいと思っても努力をいとわない姿勢です。

 

宮本茂さんや糸井さんが見た岩田さんも語られており、素晴らしいお人柄や仕事の姿勢、そして、肩ひじ張らずに哲学を学べるところがあります。

 

もちろんこうはなれないけれど、ほんのわずかでも近づきたい、と思わせてくれる良書でした。

 

https://www.1101.com/books/iwatasan/

©岩田さん – ほぼ日刊イトイ新聞

 

文章:parrhesia

関連記事

  1. 不思議な話『熱湯では伸びないラーメン』
  2. 小説:『君と共に生きられたら 上』
  3. ショートショート『魔法の薬は悪夢へのカウントダウンだった』
  4. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…
  5. ルイス・スアレスの涙
  6. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  7. ペシミスティックな時もある
  8. ショートショート『休日のひとときをゆっくりと過ごす』

おすすめ記事

なだ障害者地域生活支援センター

森の生活 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

障がい者支援センターふう

障がい者に対する理解を深める機会を提供し、障がいの有無に関わらずすべての人が尊重され、あたり前に暮ら…

第3かたるべ社

この事業所が実施する事業は、社員が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、社員に対して就…

すばるカンパニー

利用者の方が、地域で自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、ひとりひとりの課題とニーズに基…

新着記事

PAGE TOP