詩・ポエム

詩:『夜明け前の街は』

 

おおきなリュックサックを背負った若者が

神妙な面持ちで駅に向かっている

髭を生やした親爺は

若者を見て

みかえしたれ

とつぶやく

夜明け前の街は

茫洋とした景色が

眼前にひろがる

思いが研ぎ澄まされる

静かで肌寒く薄青い

なにかをはじめよう

そんな気にさせる

夜明け前の街は

 

文章:Noche

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/21250029252/4026999197/

関連記事

  1. 『ココロの穴』
  2. 『新しい環境』―全ての感情をそのまま受け入れよう―
  3. 『何色?』―色はどんな色でも変化するー
  4. 『ひとこと』―ちょっとした一言に救われる―
  5. 『重さ』―重さを半々に出来たらいいなー
  6. 『大人って…』
  7. 『広いものだったのか…』―視線がもっと広がる世界―
  8. 『緊張しない生き方』

おすすめ記事

工房まる

①事業所は、障がい者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。…

atGPジョブトレIT・Web船橋

障害者の就労先として一般事務が世の多数を占めるが、今後ITの更なる推進やAI、RPA等の活用により一…

障害福祉サービス事業所 ゆうゆう

カフェ等の飲食作業や製造作業等に携わることで、作業を通しての居場所や工賃を得ることを目的とします。…

創作『空の上からの悪戯』

 魂を抜かれた幽霊が地上人に向けてちょっとした悪戯をする。天国ではそのような遊びが流…

高等教育無償化は進学の役に立つか?

  結論から書くとほとんど役に立たない。 日本では『初等教育』や『中等教育』がほぼ崩壊してい…

新着記事

PAGE TOP