詩・ポエム

詩:『夜明け前の街は』

 

おおきなリュックサックを背負った若者が

神妙な面持ちで駅に向かっている

髭を生やした親爺は

若者を見て

みかえしたれ

とつぶやく

夜明け前の街は

茫洋とした景色が

眼前にひろがる

思いが研ぎ澄まされる

静かで肌寒く薄青い

なにかをはじめよう

そんな気にさせる

夜明け前の街は

 

文章:Noche

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/21250029252/4026999197/

関連記事

  1. 『言葉は…』
  2. 『叶える為に…』―叶えたい夢があるから頑張れる―
  3. 『長いようで短い』
  4. 「居てもいい場所」―自分にとって心地のいい場所を探そうー
  5. 『自分のために生きるんだ』
  6. 『好きだけど…』―すぐ散ってしまって寂し―
  7. 『一人旅』―さぁ~一人旅を始めようー
  8. 『昔は…』―昔の方が人にも環境にも恵まれていた―

おすすめ記事

慈光青年寮

ちのくらぶ

指定特定相談支援事業所 フライエ

指定一般相談支援事業の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、事業の円滑…

未来工房つむぎ 

可能な限り、地域生活への移行を念頭において、生産活動その他の活動機会の提供を通じて、就労に必要な知識…

『希望が消える!?』―夢のために人は、努力を惜しまない―

ときどき…自分の夢が…何なのかわからなくなる…

新着記事

PAGE TOP