サスペンス・ホラー

怖い話『俺も見えたよ』

 

小学生高学年の時、仲間たちと川辺のグランドで遊んでいると突然、激しい雨が降り出した。

雨の中、みんなで雨宿りできる場所を探して堤防の道を走っていると、

 

「おーい!」

 

と声がした。

 

見ると、堤防下にある家の2階の窓から、自分たちと同じくらいの年頃の子がふたり、こちらに向かって手を振っているのが見えた。

 

「こいよー、一緒に遊ぼうー」

 

と叫んでいる。

わたしは行ってもいいかな、という気になっていたが、他のみんなは雨音で聞こえていないのか気づかずに走っている。

 

ようやく倉庫の軒下で一息ついた時にわたしは、

 

「さっき男の子が手振りながら呼んでたけど、あっこで雨宿りさせてもらってもよかったのに」

 

というと、

 

「あの家、ずっと空き家だぞ。人がいるわけないやん」

 

とみんなは口々にいう。

 

そう言われて、気のせいだったのかな?と思うようになっているところに、一人の友人がそっと私のそばに来て言った。

 

「それ、俺も見えたよ」

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f6/photo/48241664122/bf32642d0b/

 

関連記事

  1. 怖い話『もうちょっとだったのに』
  2. 怖い話『抜け道』
  3. 怖い話『犬が追うもの』
  4. 怖い話『絵の女』
  5. 怖い話『とある砂浜での出来事』
  6. 怖い話『駆けてくる男』
  7. 怖い話『外の世界の子供たち』
  8. 怖い話『二階に上がっていったのは・・・』

おすすめ記事

南八幡ワークス

就労定着支援を希望する利用者に対し、職業人としての自立に関する課題及び事業主による適正な雇用管理の実…

小諸みかげ 

施設の職員は利用者の意志及び人格を尊重し、利用者の立場に立った、適正なサービス事業を提供する  1.…

博愛会地域総合支援センター多機能事業所

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図り、適切且つ、きめ細かな就労継続支援A型サービスを提供しま…

ワークセンター星が岡 

ネットワークひこばえ

目的:通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識、能力が高まった者は、一…

新着記事

PAGE TOP