サスペンス・ホラー

怖い話『泣く傘』

 

一人でカレー屋にいったときのこと。

カレーを食べ終わって店を出ると、雨が降っていた。

空を見上げながら走って帰ろうか、しばらく待とうか迷っていると、店主が出てきて言った。

 

「そこの傘、持って行っていいよ。使い終わったらそのまま捨ててもらっていいから」

 

見ると、傘置きにいかにも古い傘があった。

それをさしてみた。

ところどころ錆があり、かなりボロい感じだった。

 

  • ないよりマシか -

 

わたしはその傘をさして帰路についた。

帰り着くと傘はアパートのゴミ置き場へ。

 

その夜から、シクシクと泣く声が何日か続いた。

その度、布団をかぶって眠りについたが、どうしても気になる。

 

最近変わったことと言えば、あの傘しか思い浮かばない。

 

わたしはまだ回収されずにあったゴミ置き場の傘を持って、カレー屋に向かった。

そして傘は元の傘置きに返した。

 

あの傘はあの場所がお気に入りだったのだろう、その夜から泣く声がしなくなったのは言うまでもない。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f6/photo/36667219820/62f659931d/

関連記事

  1. 怖い話『ごめんなさい』
  2. 怖い話『姉の留守番』
  3. ホラー:「光の消えたお化け屋敷」
  4. 怖い話『ジロジロ見るんじゃないの!』
  5. 怖い話『上に行くよ』
  6. 怖い話『昼間に寝ている女』
  7. 怖い話『事故物件での出来事』
  8. 怖い話『虫刺され』

おすすめ記事

高石障害者作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事の介護、創作的活動又は…

『スタート・ゴール』

人生のスタートでこの世に産まれ。人生のゴールでこの世を去る。…

障害者相談支援事業所ほっとすぺーす

・利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう配慮して行う。 ・利用者との常時の連絡体…

クロスロード

法人理念「どんな人にもチャンスと場を!!」を基本として地域で生活する障がい者に「働くこと」を通して、…

掛川森林果樹公園・アトリエ 

1事業所は、利用者に対して、その自立と社会活動への参加を促進する観点から、必要な指導及び訓練を適切に…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP