コラム

樺沢紫苑『精神科医が教える病気を治す 感情コントロール術』あさ出版 Ⅱ

 

樺沢紫苑『精神科医が教える病気を治す 感情コントロール術』

 

この本は、知人から紹介していただきました。

その方は、本書の内容に深く感動したとの感想を寄せてくれましたので、それならばと思い、手にとって読んでみることにした次第です。

 

早速ですが本書の概要を説明しますと、本書は精神医学の知見に基づいた薬物治療の効果を紹介したものではなく、マズロー『完全なる人間』やキューブラー・ロス『死ぬ瞬間』で提唱された段階論の流れを踏襲しながら、患者に対して自己啓発を促すような、所謂メンタルヘルス的な知見を重視した内容でした。

 

 

本書によれば、患者はまず否認から入りますが、何回かのセッション(診察)を繰り返した後、自分自身を客観視(受容)できるようになる。つまり周囲の人達の支援のお陰でポジティブな感情を抱くことが可能になった。やがて他者に対して感謝の心が芽生えてきます。

そうして次の段階に至っては、患者は社会貢献したいと思うまで、自身の心が感謝の気持ちで満たされるとのことです。

 

著者が言うところの「感情コントロール」とは、交換神経と副交感神経のバランスを保った上で、他者との関係がギクシャクしないために、「アドレナリン、オキシトン」など、所謂ホルモンや神経伝達物質と呼ばれている体内に備わっている機能を有効に働かせることが大切なんだと指摘していました。

 

そのためには、患者さんは主治医との信頼関係を築いてこそ、病気に対する備えを重視できる視点を宿すことができる。

信頼関係の構築には、関わってくださった人に対して、感謝の気持ちを持つことが肝要なんだそうです。

 

文章:justice

 

関連記事

樺沢紫苑著『精神科医が教える病気を治す感情コントロール術』あさ出版

関連記事

  1. ショートショート『休日のひとときをゆっくりと過ごす』
  2. 障碍の種類を絞って支援する事業所もある
  3. A型作業所を社内に作る企業が増えつつある
  4. 短編小説:『自動販売機』
  5. 障碍者だからといって人生を諦めないようにしたい
  6. 障碍者、健常者の苦しみは異なる
  7. 障碍者の一部は交流会の参加、交友作りに消極的
  8. リーゼ(精神安定剤)の効果

おすすめ記事

松本ひよこ

利用者が基本的人権を享受する個人としての尊厳にふさわしい日常生活又は社会生活を営むことができるよう、…

さらい工房

hikarie

カイト西条

障害のある人たち一人一人が美しい花を咲かせることの出来る世の中になって欲しいとスタッフ一同微力ながら…

風ととくべえ真田事業所

各々のペースを大事にし、より個別に支援を行いそれぞれの個性のままに自分の望む地域の中で暮し、望生きざ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP