時事問題

コロナ陽性の担任が受け持つクラスの児童2人がPCR検査で陽性となった

 

 コロナ陽性の担任が受け持つクラスの児童2人がコロナ陽性

 尼崎市でコロナウイルス陽性にもかかわらず、自己判断で教師が出勤します。その影響を受けて、クラスの子供たちのPCR検査を行いました。その結果、2人の児童が陽性となりました。

 

 因果関係は不明とされているものの、教師から感染した可能性は充分にある

 コロナウイルスの因果関係は確定していないものの、教師から児童にうつったと考えるのが自然です。個人的な意見ですが、一人の勝手な判断のために、何の罪のない子供が巻き込まれることになったと感じました。

 

 児童が感染したことにより、保護者などが濃厚接触者となってしまった

 児童が陽性反応を受けたことにより、家族は濃厚接触者となります。自宅待機をすることになるのではないでしょうか。

 

 児童と親しくしている、他のクラスの児童も濃厚接触者扱いになる可能性があります。こちらも自宅待機をすることになるかもしれません。

 

 保護者の勤めている会社においても、濃厚接触者の可能性があります。こちらも2週間の自宅待機になるかもしれません。下手をしたら、会社が回らなくなる可能性もあります。

 

 一人の勝手な判断で多くの人に迷惑をかけた

 わずか一人の行動で、多くの児童が迷惑をこうむることになりました。教師としてより、一人の大人としてあるまじき行動だと受け止めました。

 

 まとめ

 コロナであっても出勤しなければならないという、日本の空気も改めた方がいいと思います。同調圧力なるものが、今回の事態を巻き起こしたような気がしてなりません。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/2672794303/f005ec860f/

関連記事

  1. 野菜が値下がりしている
  2. 3回目の緊急事態宣言の期限が迫る
  3. 台風被害の主題が、ローカル空港?ハブ空港?
  4. 育成選手から這い上がれるか
  5. ナイキが新高速シューズ(アルファフライ)をデビューさせるかもしれ…
  6. 京阪電車のダイヤ改正後2
  7. テニスの全米オープンで途中棄権したジョコビッチ選手を擁護する
  8. コロナウイルスで障碍者解雇増加

おすすめ記事

障がい者就労支援センター サンビジネス

事業所は、障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。 利…

就労支援センターこんぱす相談支援事業

就労支援センターこんぱす相談支援事業(以下「事業所」といいます。)が実施する指定一般相談支援事業の適…

第2なのみ荘

利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立った支援を提供し、自立した日常生活又は社会生活を営…

株式会社 巣だち

当事業所に通所して、自立した日常生活或いは社会生活等が営めるよう、生産活動等の機会の提供及び就労に必…

ホザナ・ファクトリー 

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP