詩・ポエム

散文詩:『プラスチックの貨幣』

 

ビルが倒壊して

 

多額の保険金が支払われた

 

操り人形が怒り出す

 

俺たちのせいにしやがって

 

人形使いたちの争闘は

 

おざなりの区切りがついたが

 

後始末に頭を悩ませる

 

今日も俺の胃袋には

 

クレジットカード一枚分の

 

プラスチック

 

お世話になっているじゃないか

 

お前だって

 

とさいなむ轟音

 

しかし

 

中心が周辺に嫌なものを

 

押し付ける

 

それももう限界だ

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/49646727047/c2ea625123/

関連記事

  1. 『優しさ』
  2. 『障害者であっても…』―障害を理由に逃げたくない―
  3. 『受け止める』―君を支え続ける、一生をかけて―
  4. 『長くは続かない』
  5. 『見てくれてる人』
  6. 『将来の不安』―将来の不安は誰もが持っている―
  7. 『記憶』―リセットが出来たらどれだけいいだろうー
  8. 『最後まで突っ走りたい』

おすすめ記事

『大切な存在』

壁にぶち当たった時…何度落ち込んだだろう…数…

福祉工場「中村」

障がいの種別を問わずノーマライゼーションでの一人ひとりの個性に応じて人としての尊厳を大切にしながら作…

ひだまり

就労支援A型における作業工賃向上の為、作業内容・顧客の変換に向けて日々事業改善計画に沿って安定した事…

支援センタードリーム

事業所は、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供…

リーフ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP