詩・ポエム

散文詩:『プラスチックの貨幣』

 

ビルが倒壊して

 

多額の保険金が支払われた

 

操り人形が怒り出す

 

俺たちのせいにしやがって

 

人形使いたちの争闘は

 

おざなりの区切りがついたが

 

後始末に頭を悩ませる

 

今日も俺の胃袋には

 

クレジットカード一枚分の

 

プラスチック

 

お世話になっているじゃないか

 

お前だって

 

とさいなむ轟音

 

しかし

 

中心が周辺に嫌なものを

 

押し付ける

 

それももう限界だ

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/49646727047/c2ea625123/

関連記事

  1. 『弱さ…』
  2. 『最低の人間…』―最低の人間が近くにいてごめんなさい―
  3. 『さぁ立ち上がろう』―誰かのSOSを見逃すな―
  4. 『邪魔されたくない』
  5. 『君の背中…』―ずっと背中を追いかけていく―
  6. 『大量の薬』
  7. 『コンプレックスが…』―原因がなんであれ他人を責めても無意味―
  8. 「居てもいい場所」―自分にとって心地のいい場所を探そうー

おすすめ記事

多機能型事業所 はーとあーす勝谷

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供すると共…

就労生活支援センター トライアングル西千葉

LITALICOワークス錦糸町

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

節分に恵方巻を食べる理由

 節分に恵方巻を食べる家庭も多いのではないでしょうか。 どうして食べるようになっ…

京阪の快速急行に「プレミアムカー」導入

 2021年9月25日のダイヤ改正で、快速急行のプレミアムカーがスタートしました。個…

新着記事

PAGE TOP