詩・ポエム

散文詩:『タンポポの唄』

 

排水溝が板に塞がれた道端で

青空が切り取られた建物の影で

アスファルトやコンクリートの裂け目から

 

尖った葉を広げ

うつむき加減で

はにかんだ笑みで           

一日ボサーっと咲いていたい

 

微笑むのに疲れても

真っ白く柔らかく包まれるから

風まかせに

綿毛が飛んでいき

くたびれても

空に果てを見届けられるから

 

ひっそりと枯れたい

そして土に帰りたい

 

文章:drachan

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/49850448331/42f61ba600/

 

 

関連記事

  1. 『言えない』―大切な人だから、弱みを見せたくないー
  2. 『弱さ…』
  3. 『嫌われないために』
  4. 『向き合って判断してほしい』
  5. 『夢』
  6. 『大きな決断をする時…』
  7. 『僕ら、私達は…』―頑張ってきた仲間と吹けるのが、一番の幸せ―
  8. 『どんなに努力しても…』―努力しても報われないこともある―

おすすめ記事

Be Friend

挨拶を徹底し、日常生活において必要なルールやマナーを習得し自然に得きることを目指す。 一人ひとりの個…

彩食キッチンBon

利用者が自身の力で選択した日常生活または社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されること…

クローバーハウス

利用者と雇用契約を締結し、障がい者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ 効果的に行う。利用者…

ベルナ

1 この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を…

登米市社協南方福祉作業所あやめ園

障がいがあっても、安心して安全にのびのびと生き、生きる喜びを感じられるよう一人ひとりの人権を尊重し、…

新着記事

PAGE TOP