詩・ポエム

散文詩:『タンポポの唄』

 

排水溝が板に塞がれた道端で

青空が切り取られた建物の影で

アスファルトやコンクリートの裂け目から

 

尖った葉を広げ

うつむき加減で

はにかんだ笑みで           

一日ボサーっと咲いていたい

 

微笑むのに疲れても

真っ白く柔らかく包まれるから

風まかせに

綿毛が飛んでいき

くたびれても

空に果てを見届けられるから

 

ひっそりと枯れたい

そして土に帰りたい

 

文章:drachan

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/49850448331/42f61ba600/

 

 

関連記事

  1. 『闇の中に居る人』―どうやったら助けてあげられる?-
  2. 『生きづらさを感じる』―でもあなただけじゃない―
  3. 『黒い影』―恐怖に怯える日々が続くー
  4. 『才能』
  5. 『意見の…』―その後の行動で人間性が決ってしまう―
  6. 『不安』
  7. 『奇跡を信じますか?』―信じるだけ奇跡は必ず起きる―
  8. 『未来予想図』―未来に不安を抱くー

おすすめ記事

自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ

 障碍者と聞くと能力の劣っているイメージを持ちがちですが、実際はそんなことはありませ…

特定非営利活動法人 在宅介護サービス いきいき東

はまかぜ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者との常時の連絡体制を確保し、利用者…

はっぴぃ・べる

障害者相談支援センターひのみね

・事業者は、指定相談支援を、利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営む…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP