詩・ポエム

詩:『頑張ったねといわれてもちっとも嬉しくない』

 

 「頑張ったね」はとりえがない人間にいう言葉だから

 

 褒めるところのない人間に使用する言葉だから

 

 中身をはっきりと見ようとしていない人が称する言葉だから

 

 頑張ったといわれるくらいなら、何も褒められない方がマシだ

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/28836567123/2577fd8497/

関連記事

  1. 『流れ星』―かなわない願い事もある―
  2. 『夢』
  3. 『何かを見つけたい』―見つけた瞬間何を思う―
  4. 『太陽の光』
  5. 『大人になると…』―大人になると素直に謝れない―
  6. 『君は僕』
  7. 『そんな思いしか…』―本当にかわいそうな人間と思ってしまうよ―
  8. 『目を無くしてしまった』

おすすめ記事

『笑顔の日』―泣いた後は笑顔で過ごしたいー

涙を流した日…次の日は…泣いた分だけの……

フードプランニング

ハートケアセンターひたちなか

利用者が地域において自立した日常生活、社会生活ができるよう、その方の状況や環境に合わせて支援をおこな…

となんカナン事業所

指定就労継続支援A型の実施に当たっては、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出…

サニースポット

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP