詩・ポエム

詩:『好きな異性に告白できなかった自分』

 

 好きな人がいたのに告白できなかった

 

 あのときの自分はどうしてそうしなかったのだろうか

 

 自分が傷つくのを恐れていたのかもしれない

 

 本当に好きな人に嫌われたくなかったのかもしれない

 

 自分なんかを好きになるわけないと思っていたのかもしれない

 

 これだけははっきりといえることがある

 

 何かと理由をつけて逃げていたのだ

 

 部屋から空を見つめながらそのようなことを考えていた

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/8316230145/f74e9f1299/

関連記事

  1. 『スタートライン』―別れと出会い繰り返す季節―
  2. 『大きな決断をする時…』
  3. 『晴れた…』
  4. 『闇の中に居る人』―どうやったら助けてあげられる?-
  5. 『コンプレックスが…』―原因がなんであれ他人を責めても無意味―
  6. 『素』
  7. 『後悔するなら…』―言って後悔するなら言わない方がいいー
  8. 『秋が来る…』―夏も終わり秋へと変わる―

おすすめ記事

いきいき

『何色?』―色はどんな色でも変化するー

あなたの世界は…何色ですか?情熱の赤ですか?…

相談支援事業所こまつ

利用者が有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、保健・医療・福…

ALKU

利用者の適正、能力に応じた作業を通して必要な支援を行い働くことの喜びや社会の一員としての力を育ててい…

就労・生活支援センター 飛鳥晴山苑

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP