時事問題

雇用保険料が引き上げられる

 

 厚生労働省は雇用保険の引き上げについて検討するようです。理由はコロナウイルスの流行によって、雇用調整助成金の負担が大きくなっているためとしています。

 

 雇用保険の改定時期については次回の通常国会後

 通常国会で雇用保険料について、議論がなされるようです。当分の間は、雇用保険は現行と同じ水準で推移します。

 

 現在の雇用保険の個人負担は3/1000

 現在は10万円当たりで、300円の負担となっています。今回のひきあげによって、どれくらいの負担になるのでしょうか。以前の水準だった、10万円当たりで、500円くらいになるかもしれません。金額については厚生労働省の発表を待ちましょう。

 

 雇用保険の負担率は永続的ではない

 近年の雇用保険率は減少傾向となっていました。雇用保険が安定してくれば、負担率は再び減少するかもしれません。今回の措置は一時的であると考えることもできなくはありません。

 

 まとめ

 雇用保険は小さい金額で、労働者の失業後を守ってくれています。今回は引き上げになるものの、今後の自分のためだと思って払っていきましょう。

 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6399953

©雇用保険料、引き上げを検討 – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/50819444623/49916e5f96/

関連記事

  1. 土日の京阪電車にプレミアムカーが戻ってくる
  2. 学校教員はブラック環境で辛いと言うが、自業自得だ
  3. 100円ショップの『パンク修理セット』 – それだけ…
  4. 第3塁医薬品に指定されているうがい薬を転売すると罪に問われる
  5. 幕下で6勝1敗力士同士の優勝決定戦が行われる(2021年1月場所…
  6. 熱中症予防のための水分補給で注意すること
  7. 川崎市は空き缶集め禁止する方向で調整中
  8. レイズは筒香選手に戦力外通告を行った

おすすめ記事

サポートセンター きらら

利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場でサービスを提供するよう努めるものとする。…

あやとりワーク筑西

ワークプラザ宝塚

障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある

 ブランクは長いものの、実力はピカイチの人がいた。学歴も普通の人では到底無理な経歴を…

叶夢向 

障害を持つ人たちの日中活動の場として、就労支援や生産活動を通じ社会参加を促進しつつ、個々の豊かな人格…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP