サスペンス・ホラー

怖い話『ボスママの眼』

 

私の住む社宅は西棟と東棟のふたつに分かれていて、私の一家は西棟に住んでいます。

 

住み始めて一か月。

東棟に住むAさんがこの社宅のママ友連のボスママ的存在であることを知りました。

ある日、ママ友Aから、「娘の誕生日パーティーに来ない?」と誘われました。

 

ママ友Aはボスママ的な存在なので、断るわけにもいかず、義務感にかられて娘とともに参加しました。うちの娘はAの娘さんとすぐに仲の良い友達になっていたので純粋に喜んでいました。

 

宴もたけなわとなったころ、ママ友と雑談タイムに入りました。

 

その会話のなかで、ママ友が、

「**(私の名前)さんのところは良いマッサージチェア持ってるね!」

と言いました。

 

そのときは気づきませんでした。

ママ友連はまだうちの部屋には来たことがないので、マッサージチェアのことは知るはずがないのです。

双眼鏡か何かで見たにちがいありません。

ボスママ恐るべし。

ぞっとしました。

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元:https://foter.com/f6/photo/2499618609/0961f47fbf/

関連記事

  1. 怖い話『階段からくる子』
  2. 怖い話『泣く傘』
  3. 怖い話『テレビの前の子供』
  4. 怖い話『夢の中……。』
  5. 怖い話『物が無くなる部屋』
  6. 怖い話『いつから?』
  7. 怖い話『農道のトイレ』
  8. 怖い話『お前は死んでるのか?!』

おすすめ記事

レストランゆずのき

障がいがあっても働いて地域で生活することができる。レストラン業務を通して、障がいのある方の得意を伸ば…

はりまふくろうの家

1.利用者が自立した日常生活または、社会生活ができるように就労の場を提供する。生産活動の機会を通じて…

『叫ぼう!』―誰かに届くまで叫ぼう―

心の叫びを…声に出して叫ぼう。君の声は……

ワンセルフJ高崎

自立した日常生活又は社会生活が営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活…

就労支援事業所 クローバー北8条

明良会計…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP