詩・ポエム

詩:『待つ』

 

家のまえの通りをさまざまな声が

 

過ぎ去っていく

 

わたしはここにいる

 

昔でていた俳優のポスターや疲れきった道路

 

後ろには瓦礫の山が築かれる

 

わたしはここにいる

 

どんな意味がと上に問を投げても

 

かえってはこないけれど

 

笑われるほどの鈍さなのだ

 

大事なのは

 

文章:増何臍阿

関連記事

  1. 『自分でさえ…』
  2. 『希望が消える!?』―夢のために人は、努力を惜しまない―
  3. 『願い』
  4. 『卒業』―悲しみは、笑顔になれる魔法―
  5. 『歩き出した君は強い』―覚悟を決めるのは、思った以上にしんどい―…
  6. 『切り捨てないで』
  7. 『ねぇ…』
  8. 『自分を愛してみよう』―求めるだけでは、何も生まれないー

おすすめ記事

ガンバりんく

 運営母体である製造業「福益工業所」の強みを活かし、内職依存型の施設運営ではなく、高水準の工賃が支給…

プラネット越谷

障害福祉の円滑な運営管理を図ることを目的とする。 【運営方針】   事業所は、利用者が自立した日常生…

ライブ・イン・ホープ

安定した運営のもとで利用者の生活水準が上がり安定した生活が営まれ、社会活動の場が広くなっていくように…

相談室 こぱん

障がいのある方の生活や支援に関して不安なこと・困っていることがあればご本人・ご家族からの相談にのりま…

相談支援事業所 tree

新着記事

PAGE TOP