レジャー

大相撲の7月場所で白鵬が全勝優勝

 

 大相撲の7月場所が終了し、白鵬が全勝優勝で終わりました。7月場所で思ったことについて書いていきます。

 

 白鵬は勝つことにこだわっていた

 勝利に対する執念は人一倍強かったように思います。勝負事なので、勝たなければ始まりません。誰よりもその部分をわかっているように映りました。

 

 1年のブランクで全勝優勝は快挙

 いろいろと苦言を呈している人はいるものの、全勝優勝したのは立派だと思います。横綱としての責務をきっちりと果しました。

 

 1年間相撲を取れなかった36歳の男に誰も勝てていない

 白鵬は休場明けで、相撲を取りきるのも難しい状態だったと推察します。満身創痍の状態であるにもかかわらず、対戦相手は一度も勝つことはできませんでした。そのことに対して、多くの相撲ファンは失望したのではないでしょうか。

 

 日本人は批判することしかできない悲しい生き物

 優勝したにもかかわらずクレームをつける日本人に対して、悲しさを覚えました。他人を素直に称えることができないのでしょうか。

 

 まとめ

 白鵬が優勝したことで、現時点の力関係がはっきりとしました。怪我もちの横綱に全勝優勝を許した、日本人には奮起を期待したいです。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/5f176f857416715d29d805de5948813138bba9b6

©白鵬が最長ブランク優勝も祝福の声はなし…「内容は褒められたものではない」と苦言〈dot.〉(AERA dot.) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/12875792145/e8fa80ef25/

 

関連記事

  1. 女子軟式野球設立の動き
  2. 今年はオープンできないスキー場が増えそうだ
  3. コロナウイルス感染で志村けんさんが亡くなった
  4. Pリーガー紹介④
  5. バレンタインデーに愛の告白をするのは少数派
  6. 京阪電車で一本だけ設定されたプレミアカー同士の連絡
  7. 京阪電鉄は2021年1月より3000系プレミアムカーをデビューさ…
  8. 代表選手が国際化しつつある

おすすめ記事

指定一般相談支援事業所くりのみ

1 事業所は、利用者等がその人らしい自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように配慮して行う…

就労継続支援センター笹の風

① この事業所が実施する事業は、契約者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、契約者を…

ほほえみの間

一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行い…

えがお

おぶりがぁど 

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP